0816
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
お仕事

議員秘書にナレーター、雑誌ライターまで! 7時間待ちの行列アイス店を生んだ浅野まり社長の「職務遍歴」

SNSでの感想
株式会社トレンドファクトリーの浅野まり社長 撮影/山田智絵
目次
  • ナレーター、雑誌ライター、議員秘書……華麗なる職歴
  • 「俺のイタリアン」ブームの火付け役に!
  • 飲食業界で能力を発揮し、自らの会社を立ち上げ
  • どの業界でも、最後は「人」が重要!

 5年前に、最長7時間待ちという“行列ができる原宿発のアイスクリームショップ”として話題になり、今も人気を保ち続けている「ROLL ICE CREAM FACTORY」(ロールアイスクリームファクトリー)。運営をしている株式会社トレンドファクトリーの社長、浅野まりさんには意外な職務遍歴があり、その経験が今の活躍に生かされているようです。

ポップで可愛いビジュアルが老若男女に大人気のロールアイスクリームファクトリー 写真提供/トレンドファクトリー

 今回は、そんな浅野まり社長のインタビューをお届けします。今後、仕事で成功したい人、また異業種の仕事にチャレンジする人にとっても、参考になるお話かもしれません。

ナレーター、雑誌ライター、議員秘書……華麗なる職歴

──一番はじめのお仕事は何ですか?

ナレーターやイベントコンパニオンのお仕事をしていました。学生のときにバイトから始めて、天職だと思ったので、夜間のアナウンス学校に通って、ナレーションを本格的に学びました。展示会全盛期のときに、モーターショーやビジネスショーなどのナレーターをやったりして、30歳くらいまで続けていました

──スゴイですね。特にモーターショーは、ナレーターであれば誰もがやりたがるくらいの憧れの舞台であり、オーディションで仕事を勝ち取らなくてはいけない花形のお仕事ですよね。30歳を過ぎてからは、「雑誌ライター」のお仕事をされていたのだとか?

当時、たくさん映画を観ていて、ブログに書いていたら、2社の出版社から“記事を書かないか”とお声がけをいただき、映画のレビューを書いていました。

 よく香港や台湾に旅行していて、“いつか映画を原語で理解できるようになりたい”と思うようになり、台湾に5年間、留学しました。留学中に映画雑誌で連載をもつことができたので、午前中は語学学校に行き、午後は金城武さんやケリー・チャンさんなど、俳優さんを現地でインタビューして、原稿を日本に送るという生活をしていました。5年くらい続けたのですが、母が亡くなってしまったのを機に日本に帰国しました」

──その後は、「議員秘書」をやられていたようですが、そもそもどうやったら、議員秘書になれるのでしょうか?

「母が結婚前から国会議員の公設秘書をやっていたつながりで、いわゆる“ウグイス嬢”のお仕事をしていたことがあり、声をかけていただきました。ある参議院議員の方の公設秘書になり、先生の原稿やブログを書くのをお手伝いしたりしていました。

 でも、その後、仕えていた議員さんが選挙で落選してしまったんです。“これからどうしよう”と思っていたら、ちょうどその頃、飲食店『俺のイタリアン』の立ち上げがあり、私は文章が書けて、SNSの発信が得意だということで、知人が紹介してくださったんです。それで、立ち上げメンバーの1人になりました

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 2
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 2
きゅん! 1