0816
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
音楽

KinKi Kidsカラオケ人気曲ヒストリー【#2】名曲「愛のかたまり」が発売5年目で上昇、“打ちひしがれ事件”も懐古

SNSでの感想
2004年末に発売されたシングル「Anniversary」の通常盤ジャケット。同曲は2005年のKinKi Kidsカラオケ人気曲ランキング(JOYSOUND調べ)で2位にランクイン
目次
  • 激戦のなかでもセールス30万枚台、年間順位20位前後をキープ
  • '02年は堂島孝平とのタッグに注目、'03年は松本隆による名曲が1位に
  • 前年のアルバム曲や、数年前に発売された楽曲がランクインする年も

 2022年、CDデビュー25周年となるKinKi Kidsの堂本光一と堂本剛。記念イヤーということで、7月はさまざまなテレビ番組やラジオ番組、新聞や雑誌、Webサイトで特別企画が準備されている。ただ、それらで紹介予定の楽曲の多くが、デビューから最初の5年間(1997〜2001年)に発売されたものに集中しているが、当然ながら2002年以降もカラオケヒット曲は生まれているのだ。今回は、2002年から2006年におけるカラオケ人気曲ランキング(JOYSOUND調べ)を見てみよう。

(1997〜2001年を分析した第1弾:KinKi Kids、CDデビュー25周年! カラオケランキング25年分から読み解く、華麗なる人気曲ヒストリー【#1】

激戦のなかでもセールス30万枚台、年間順位20位前後をキープ

 まず、この5年間の特徴としては、互いのソロ活動がより活発になっていったことが大きいだろう。

 光一のほうは、2000年から出演していたミュージカル『SHOCK』シリーズを、2005年に『Endless SHOCK』として、自ら脚本・演出・主演を手がけるようになる。コロナ禍という荒波にも負けず、2022年には、同シリーズの上演回数1900回を達成迫力ある“階段落ち”や、布をつかむ腕力だけで身体を支える“フライング”なども健在だ。

 一方の剛は、2002年にシングル「街/「溺愛ロジック」の両A面シングルにて、作詩・作曲を手がけるシンガーソングライターとしてソロ・デビュー。以降、作風の変化に合わせて、アーティスト名もENDLICHERI☆ENDLICHERI244ENDLI-x剛紫、そして現在のENDRECHERIと変えている。また、性別にこだわらない独特なファッションセンスが注目されるようになったのも、このころだろう(2004年にはベストジーニストも受賞)。

 そんな2002~2006年におけるKinKi Kids本体のシングルCDセールスは、全11作中、大半が30万枚台。平均では34.6万枚(オリコン調べ)と、ひところよりは落ち着いている。これは、前述のようにソロ活動が活発なぶん、グループとしての動きがどうしても不規則になったことや、後輩であるタッキー&翼のデビューも影響しているはず。加えて、国分太一と堂本剛によるトラジ・ハイジの「ファンタスティポ」や、亀梨和也と山下智久による修二と彰の「青春アミーゴ」といった、タイアップ映画やドラマ由来の企画ユニットが発足するなど、KinKi自身の成功によって男性デュオの選択肢が増えたことも一因だろう。

 また、CDシングルの市場規模が1990年代後半をピークに縮小してしまったことも考慮すべきだ。その中でKinKi Kidsは、2003年ごろから通常盤にもオリジナル曲を追加収録するなど、初回盤にない魅力を打ち出して(この通常盤ならではの仕掛けも、KinKiは他のアーティストに比べてかなり早い)、セールス30万枚台、年間順位は20位前後をそれぞれキープしていた。

 この5年間のカラオケ人気ランキングを見てみると、2002〜2005年の4年分で、その年、または前年に発売のシングルがTOP3に入っており、その年に出た新曲がほぼ確実に歌われていることが分かる。2006年は、前述の企画ユニットやタッキー&翼「Venus」のカラオケヒットにより、KinKi本体の新曲が見えづらかったのかもしれないが、それでもその年の新曲はTOP10入りしている。また、なんといっても「愛のかたまり」が徐々に浸透していったのもこの時期。以下、1年ごとに見ていこう。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 172
うるうる 2
ほっこり 11
びっくり! 3
なるほど! 75
きゅん! 15
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 172
うるうる 2
ほっこり 11
びっくり! 3
なるほど! 75
きゅん! 15