0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

日本唯一の“ジェットコースター専門店”店主が語る、「もともと苦手だった」のに国内機すべてを制覇したワケ

SNSでの感想
ジェットコースター男さん。自前のパーカーを着てアトラクションを楽しんでいる
目次
  • 「風でまぶたが震えるんですよ」 マニアが語る“印象に残っているコースター”
  • 昔はトラウマだった! 意外すぎるジェットコースター男さんのバックボーン

「ジェットコースターの思い出を教えてください」というお題があったとして、ほとんどの人は苦労せず、しゃべれるのではないだろうか。

「始めて乗ったとき死ぬかと思ったよ。でも、母親は隣で笑っててさぁ……」

「落ちるときに手ぇ挙げるの、最初はちょっと恥ずかったよね(笑)」

「小学生のとき身長制限で俺だけ乗れなくてさ、アレ、悔しかったなぁ」

 そう、本来ジェットコースターに乗ることは、人生においてわりとプレミアムな体験であり、「1年に1回も乗ればいいほう」というアトラクションだ。しかし、この世には「カラオケ行っちゃう?」くらいの感覚で毎月のように乗っている、恐るべき「ジェットコースターオタク」がいる。

 なかでも、国内200機以上のコースターをすべて制覇し、ジェットコースターに乗るためだけに何度も海外に足を運び、愛知県の名古屋市大須に世界中のジェットコースターグッズを展示・販売している「ジェットコースター専門店」を開いてしまったのが「ジェットコースター男」さんだ。

 今回は、そのジェットコースター男さんにインタビュー。幼いころから人生を振り返ってもらいながら、「なぜここまで“ジェットコースター沼”にハマったのか」について、存分に語っていただいた。

「風でまぶたが震えるんですよ」 マニアが語る“印象に残っているコースター”

大須にある「ジェットコースター男」の店内風景。世界中で集めたジェットコースターグッズを展示・販売している

──「ジェットコースター男」という名前がもうド直球で最高過ぎます。そして名古屋市のお店の名前も同じ「ジェットコースター男」という(笑)。どういった経緯でお店を始められたんですか?

「もともと世界各国のジェットコースターを回りながら、現地のグッズを集めてたんですよ。そうしたら、家に置くスペースがなくなっちゃって(笑)。そこで思い切って、グッズをみなさんに見ていただこうと思い、名古屋市の大須商店街にお声がけしてお店を作ったんです」

──「家に置けなくなる」って相当ですね(笑)。これまでいくつくらいのジェットコースターを回られたんですか?

「日本にあるのは全部乗りました。200機ちょいくらいなんですよ。海外を含めると470機くらいですね」

──470機も乗られてるなんて……。 印象に残っているジェットコースターはありますか?

「そうですね。アメリカの『キンダ・カ』は覚えてます。“世界一落差があるジェットコースター”で139mからほぼ垂直に落ちるんですけど、目の隙間から風が入ってまぶたがブルブル震えるんですよ(笑)。あれは衝撃だった……。

 速度でいうと、アラブ首長国連邦のテーマパーク『フェラーリ・ワールド・アブダビ』に『フォーミュラ・ロッサ』っていう世界最速のジェットコースターがあるんです。スタートから2秒で時速100kmまで加速して、最高で時速240kmになるんですけど

──いや、やばいやばいやばい。頭が取れちゃう。

「虫とかホコリが目に入ると危ないので、ゴーグルを付けて乗るんですよ(笑)。油圧式なので機械を冷ますためにスタッフがお水をかけてるんですけど、その水しぶきがバチッって頬に当たって、すごく痛くて(笑)」

フォーミュラ・ロッサに乗った際のジェットコースター男さん(写真左)。ゴーグル必須のジェットコースターなんて……気になる

──めちゃめちゃレアな体験ですね(笑)。海外のジェットコースターは乗ったことがないのですが、日本とは違う雰囲気があったりするんですか?

「はい。海外はジェットコースターにもお国柄が出ていて面白いんですよ。例えば『フォーミュラ・ロッサ』はイスラム教の女性のために、顔を覆うためのカバーが用意してあります。だから時速240kmだけど、スカーフが飛んでいかずに、顔を隠したまま乗れます。

 中国のジェットコースターは、いい意味で雑というか……。ジェットコースターの骨組みで洗濯物を乾かしているテーマパークとかありましたね(笑)」

──ある意味、すごく効率的(笑)。

あと、ジェットコースター大国・アメリカは、地域によってはハンバーガーショップとか映画館に行くくらいのノリで、“ちょっとジェットコースター乗りにいかない?”みたいな誘いがあるくらい、根づいているんですよ。

 そういうところで“ひとりジェットコースター”を満喫していたら、いつの間にか海外だけで270機くらい体験してしまったという……」

──“ひとり焼き肉”なんか比じゃないくらいレベルが高いです(笑)。でも知らなかった……。特に、アメリカは日本と感覚が違うんですね。

「そうなんですよ。日本だとジェットコースターって、家族や恋人と乗る特別なアトラクションですよね。僕はそういった“ロマン”を感じるのが好きです。

 遊園地で小さい子がニコニコしながらジェットコースターの列に並んでいるのとかを見ると、“あぁ、今からの時間はこの子にとって思い出になるんだろうな”って、僕もうれしくなります。なんだか、幼いころにワクワクしていた気持ちを思い出すんですよね

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 0