0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

知っていそうで知らないフシギを探る旅──。今どきはググれば簡単に答えが見つかるかもしれないけど、その筋の専門家に直接ギモンをぶつけてみたい。根掘り(N)葉掘り(H)聞いて(K)みました。

フムフムNHK

【Gの生態#3】ゴキブリ退治の基本は待ち伏せ!後ずさりできない習性を利用する

SNSでの感想
アース製薬株式会社・研究部で研究用の虫の飼育を担当する有吉立さん
目次
  • フムフムな発見8:クロゴキブリのメスは、生涯で約440個以上の卵を産む
  • フムフムな発見9:ゴキブリには縄張り争いがある?
  • フムフムな発見10:退治の基本は待ち伏せ!

 家の中でゴキブリを1匹見かけたら100匹はいる……、と言われています。本当でしょうか? それとも都市伝説? 100匹ものゴキブリが見えないところにいると考えただけで、怖くて眠れなくなりそうです。バイ菌だらけの“害虫”が増え続けたら困りますよね。今回は、ゴキブリの効果的な退治の仕方をアース製薬の有吉立さんに教えていただきます。

◎第1回:【Gの生態#1】ゴキブリが“害虫”と呼ばれるワケ「飼育されたGは素手で触っても問題ない」ってほんと!?
◎第2回:【Gの生態#2】ゴキブリの食生活「食べたことのないものを食べたがる」「紙をかじっていたことも」

フムフムな発見8:クロゴキブリのメスは、生涯で約440個以上の卵を産む

「ゴキブリのメスは1回の産卵で、卵鞘(らんしょう)を1つ生みます。卵鞘というのは卵が詰まった殻のことを言い、クロゴキブリの卵鞘には22~26個の卵が入っています。一生のうちに約15~20個の卵鞘を生むので、計算上では1匹のメスから440~520匹の子供が生まれます

──440匹……、考えただけで気持ち悪くなりそうです。

「すべてが生き残るわけではありませんが、ものすごい繁殖力ですよね」

──オスは生涯に1度しか交尾をしないと聞いたことがあるのですが……?

「いえ、オスは1回交尾したあとも、別のメスとも交尾します。カマキリやクモなどと違って、1回の交尾だけで死ぬというようなこともありません。

 ゴキブリの交尾は少し変わっていて、オスが羽を上げて、その下に甘露(かんろ)という甘い分泌物を出します。メスに甘露をなめさせながら、その隙を狙って交尾をするんですよ。

──ずる賢いというか、下心が見え見えというか。高級ブランド品をプレゼントして気を引くようなものでしょうか。なんだか人間みたいですね。

「でも、甘露だけなめられて逃げられるケースもあるんですよ。メスではなく、オスに甘露をなめられるオスを見たこともあります」

──ゴキブリのオスもいろいろと大変なんだなあ。

「メスが好む甘い分泌物を出せるかどうかが、モテるオスの条件なのかもしれませんね。甘露の成分はトレハロースなどの糖類です。甘露だけに限らず、ゴキブリは甘いものが大好きなので、メスだけでなくオスも寄ってくるみたいです」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1