1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ゲーム・Web

「僕が生きようと思ったのは、ゲームに救われたから」ゲームクリエイター・林風肖さんの半生をたどる

SNSでの感想
ゲームクリエイターの林風肖(はやし・ふゆき)さん。渋谷の高架下にて 撮影/山田智絵
目次
  • ゲームとの強烈な出会い。薄暗い部屋でひとり、声をあげて泣いた
  • 家にも、学校にも、自分の居場所はどこにもなかった
  • 好きを発信することでつながる輪、動き出した人生

 ゲームやアニメ、映画や漫画で、“自分の人生が救われた”と思った経験はあるだろうか。

 それがフィクションであれ、実話をもとにした作品であれ、登場キャラクターたちが活躍し、仲間と切磋琢磨し、現実を切りひらいていくさまを見たとき、“自分も変われるのではないか”と奮起する人は少なくないだろう

 今回お話を伺った林風肖(はやし・ふゆき)さんも、“ゲームに救われた”うちのひとり。死と涙をテーマにしたダークファンタジー『CRYSTAR -クライスタ-』、自らのエゴを糧とした学園RPG『モナーク/Monark』など、フリュー株式会社でゲーム開発を手がけるクリエイターである

「学校にも家庭にも居場所がない」「幸せじゃなくても、不幸じゃなければそれでいい」そんな少年時代を送ってきた林さんが、それでも生きることを諦めなかったのは、“ゲームに救われた経験”があったから

 そして、そんな少年が大人になった今、自分と同じように生きにくさを感じている人たちを救うためのゲームを創り出している。壮絶な過去の体験から、林さんはどのようにゲームに救われたのか。第1弾では、そんな彼がゲームクリエイターを志すまでの半生をたどる

 ※本記事は暴力的な表現を含み、読者様の気分を害する可能性があります。閲覧時はご注意ください

ゲームとの強烈な出会い。薄暗い部屋でひとり、声をあげて泣いた

フリュー株式会社 林風肖(はやし・ふゆき)さん 撮影/山田智絵

──林さんが初めてゲームに触れたのは何歳くらいのときですか?

「幼稚園くらいのときです。父親がゲーム好きだったのでよく遊んでいました。でも、小学生のときに両親が離婚して母方についてから、中学2年生くらいまではゲームに触る機会がほとんどなくて

 小学校から中学2年までの間は本が好きで、1日3冊くらい読んでいました。児童書からエログロ小説、ライトノベルと、かなり雑食で、中学校の図書室はコンプしていたと思います(笑)。特に森絵都さんの作品がすごく好きで、今でも記憶に残っています」

──再びゲームをプレイし始めた理由は?

中学2年生のときにまたゲームで遊び始めたのですが、母親の再婚相手が『PlayStation 2』を持っていたのと、いとこがゲーマーだったのがきっかけです。

 当時いとこに借りた『Kanon(Key)』という作品があったんですけど、それがすごく感動したんですよね。いわゆる恋愛シミュレーションゲームの類で、親の目を盗んで夜遅い時間に自分の部屋でこっそり遊んでいたんですよ。当時は生活リズムもひどく、徹夜明けでボロボロのテンションだったんですけど、朝日が差し込む薄暗い部屋の中で、“この世にはこんなに感動するものがあるのか!”と号泣したのを覚えています。それまで本から得ていた感動を、ゲームが大きく上回った瞬間でした」

──どういった点に感動を覚えたんですか?

「『Kanon』の中でもいちばん好きなヒロインの“美坂 栞ちゃん”のストーリーの中で、“生きることの美しさを教えてくれる尊さ”を感じたんです。栞ちゃんは病気を患っていて余命いくばくもない中、自分の置かれている状況をおくびにも出さず健気に生きている女の子。その姿がとても美しかった。あこがれを抱くと同時に、自分もそんな人間になりたい。頑張って生きないと、と思いました

──プレイヤーである主人公ではなく、ヒロイン側に共感したんですね。

「そうですね。 自分が人に関心を持つ瞬間って、“この人は自分を受け入れてくれるかもしれない”とホッとする感覚を持つときなんですけど、ゲームに登場する栞ちゃんの姿が、その思考フローに当てはまっていたのだと思います」

──ほかの作品でも、そういうキャラに共感することが多いんですか?

「同時期にプレイしていた『ドラッグオンドラグーン(スクウェア・エニックス)』や『真・女神転生if…(アトラス)』も同じ考え方や価値観のキャラクターに強く惹かれていました

『ドラッグオンドラグーン』は、ひたすら理不尽な世界で一生懸命生きている主人公カイムに美しさを感じてましたし、『真・女神転生if…』は、いじめっ子たちに復讐するために悪魔と契約したボスキャラクターのハザマに共感した。ゲームの中で、自分と似た状況でも誇りを持って美しく生きている存在に触れ、すごく救われていました

『Kanon』をプレイして号泣したという林さん。その背景には、学生時代の体験があった 撮影/山田智絵
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0