1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

『マツコの知らない世界』で話題のマニアが語る「自動販売機は優しさがつまった箱」そのディープすぎる魅力

SNSでの感想
石田さんが撮影してきた自販機の数々! 今まで1万枚以上を撮影しており、これらはほんの一部に過ぎない ※自動販売機の写真はすべて石田さん提供
目次
  • 卒論をきっかけに自動販売機の深すぎる魅力に気づく
  • 自動販売機が愛おしすぎて、擬人化に
  • 自動販売機の至れり尽くせりなおもてなし!その先に、芽生えた愛情

「自動販売機」。それは日本人にとって、もはや山、川、道路、標識みたいなレベルで風景の一部と化したものである。99%の国民にとって、あらためて注目することもないだろう。

 そんな自動販売機に魅せられ、約15年間で1万枚以上の写真を撮影している「自動販売機オタク」が石田健三郎さんだ。石田さんは、2022年8月23日に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)にも出演。番組では、“知られざる自動販売機の世界”について語っていた石田さんの姿を見たことがある読者も多いかもしれない。

 今回はそんな石田さんへのインタビューを2回に分けてお届けする。第1弾では、番組内ではあまり語られていなかった、石田さんが自動販売機にハマったきっかけや、そのディープすぎる楽しみ方を伺った。

卒論をきっかけに自動販売機の深すぎる魅力に気づく

当日はスーツで来てくれた石田さん。これから始まる “オタクトーク”に刮目せよ!

──まず、めちゃめちゃ気になってるんですが、石田さんは何がきっかけで自動販売機にハマったんですか?

大学の卒論で自動販売機をテーマに論文を書いたのがきっかけでした。日本文化研究のゼミに入ってたんですけど、日本のカルチャーについて卒論を書かなきゃいけなくて。でもノープランだったんですね。

 そのとき同じサークルにポーランド出身の留学生の友人がいたので、彼に日本に来て、何にいちばん驚いたかを聞いたんです。そしたら“どこにでも自動販売機があること”って言ってたんです。それで“海外の人から見たら、この光景ってめずらしいんだな”と思い、卒論のテーマを自動販売機に決めました

 それで本腰を入れて調べていくにつれて“自動販売機のおもしろさ”に気づいたんです。すると、今まで素通りしていた自動販売機のことがだんだん気になってくるんですよね」

──いや、確かに意識しないと自動販売機のことなんて気にしないです……。それまでは興味がなかったんですよね。

「はい。まったくですね」

──ちなみに、もともとオタク気質なところはあるんですか?

いや、中学の終わりから大学卒業までダンスをしていたんですけど、オタク気質ではなかったです。姉の旦那さんがマイケル・ジャクソンの大ファンで、無理やりDVDとか見させられてたんですよ。それをきっかけにダンスにハマったんですが“マイケルの動画を調べて、探求して……”ってことはないです」

自身のTwitterやnoteでは、自動販売機の魅力や最新情報を発信している
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 46
うるうる 1
ほっこり 4
びっくり! 1
なるほど! 12
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 46
うるうる 1
ほっこり 4
びっくり! 1
なるほど! 12
きゅん! 1