1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

「私もノリでいっちゃう感覚派」佐々木美玲、お悩み解決コメディ『ぴーすおぶけーき』でドラマ&舞台出演へ

SNSでの感想
佐々木美玲さん 撮影/山田智絵、スタイリスト/御手洗優、ヘアメイク/箕輪亜希乃、高木美都子
目次
  • 「そもそもってもいいですか?」を起点にお悩み解決へ向かう
  • 佐々木美玲も中村氏も「ポジティブシンキング」
  • 相談者に無理強いしない、ゆる〜いお悩み相談が3人の魅力

 地方の新興住宅地・虹見ヶ丘団地群に暮らす幼なじみ3人が、人々の抱える悩みをゆる〜く解決していく青春コメディ『ぴーすおぶけーき』。テレビドラマと演劇の連動企画でもある本作は、まず10月25日深夜に日本テレビでドラマがスタートし、2023年1月には舞台版が上演される。

 フムフムニュース編集部は、基俊介(IMPACTors / ジャニーズJr.)&落合モトキと“おバカ”な幼なじみ3人組にふんする佐々木美玲にインタビューを敢行。作品の魅力と、お悩み相談に向き合う劇世界とリアルについて語ってもらった。

「そもそもってもいいですか?」を起点にお悩み解決へ向かう

──佐々木さんが演じる中村氏は、どんな人物でしょうか? ご自身の言葉でお聞きできたら。

 下田くん(基俊介)、中村氏(佐々木美玲)、上原先輩(落合モトキ)は3人とも「おバカ」なんですが、特に中村氏は誰の目から見てもわかりやすいおバカさんです(笑)。急に踊り出したり手遊びしたり、おふざけを率先してやるような落ち着きのなさが特徴といいますか……明るくて天真爛漫(てんしんらんまん)なキャラクターですね。

──台本を拝読したら、中村氏のセリフにはたくさん草が生えていましたね。発言するたびに「w」の文字が。

 そうなんですよ! 中村氏がどういう笑い方をするか、最初は探り探りでした。あんまりイヤミっぽくならないように心がけたり、何も考えず単刀直入に思ったことをズバッと言うけれど、悪気なく聞こえるようにしたり。「アハハ!」って明るく笑い飛ばしているイメージで「w」を捉えていましたね。

 この作品って原作がなくオリジナルなので、スタッフさんとの話し合いをベースにしながらも、演じる私がある程度イメージを抱いて臨まなきゃいけない気がして。「天真爛漫」にたどり着くまで、かなり試行錯誤しました。

佐々木美玲さん 撮影/山田智絵

──日向坂46の公式サイトに載っている佐々木さんのブログにも《何回もリハーサルを重ねて、色んな方にアドバイスを頂いて完成させました》とありました。どなたからアドバイスを受け、どのように乗り越えていかれたのでしょうか?

 本読みのときにスタッフの方からアドバイスをいただきました。でも、うまく対応できないことがあって。というのも「もう少し飄々(ひょうひょう)として」とご指示いただいたんですが「飄々とする」の意味をはき違えて、ちょっとクールに構えた読み方をしてしまっていて(笑)。

 基さん・落合さんと3人で本読みをさらに重ねることによって、中村氏のキャラクターに方向づけがなされていったような気がします。下田くん・中村氏・上原先輩は幼なじみという共通項はありながらも、年齢や立場がバラバラ。だからいろんな視点から意見を言うんですよ。物事の受け止め方・見方が3人とも異なるからこそ生まれる独自性に注目していきました。

 まじめな下田くん、カッコつける上原先輩になくて、「中村氏だけにあるものは何だろう?」と考えたとき、中村氏ってとにかく自信にあふれてハッピーに毎日を生きている子だな、と思って。そんな彼女の口癖である「そもそもってもいいですか?」にも、中村氏のキャラクターが表れていると思います。

──前提を再確認しつつ固定概念を覆す「そもそもってもいいですか?」って、日ごろ根拠のない自信や多幸感に満ちていないとなかなか言えないですよね。

 そうなんですよね。しかも「そもそもってもいいですか?」から解決に向けて状況が動いていく。だから中村氏って天真爛漫でおバカキャラでありながらも、意外と相談者にヒントを与える存在でもあるのかなって。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 7
うるうる 1
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 7
うるうる 1
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 0