0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

【学歴の暴力#4】東大卒アイドルなつぴなつ、「AKB48に入りたい」ともがき続けて味わった深い“絶望”の果てに

SNSでの感想
(写真左から)あずきあず、えもりえも、なつぴなつ。衣装も自分たちで製作している
目次
  • 「AKB48に入りたい」その一心で東大を目指し、猛勉強の日々
  • オーディションで3次審査へ! 運命の合格発表と、目を疑う“仕打ち”
  • 「毎日、死にたかった」私のもとに突然届いた、まさかのメッセージ

 東大工学部卒・なつぴなつさん&京大農学部卒・えもりえもさん&名大情報文化学部卒・あずきあずさんによる、超高学歴アイドルグループ「学歴の暴力」(愛称:がくぼ)。平日は3人とも別の仕事をしながら、お休みの日は東海地方を中心にライブやイベントを開催するなど、「学歴の暴力」としての活動にささげています。

『fumufumu news』は'22年2月のインタビュー(記事:「勉強以外、なんの取り柄もない」東大卒&京大卒のアイドル『学歴の暴力』が歌う高学歴の苦悩)で、学歴を全面に押し出したアイドル活動を始めたわけや、高学歴ならではの痛みを伺い、「彼女たちの胸の内をもっとのぞいてみたい」という思いで連載コラムの執筆を依頼。メンバーそれぞれの“自分らしさ”を生かし、感じたことを文章にしてもらいます。

 これまで毎回、リレー形式で原稿を執筆してもらってきました。

◎第1回:超高学歴アイドルユニット「学歴の暴力」、東大卒と京大卒“はじめての2人旅”がもたらしたもの (文/なつぴなつ&えもりえも)
◎第2回:【学歴の暴力#2】東大卒&京大卒アイドルユニットにジョインした名大卒女子が見た、メンバーの恐るべき“能力” (文/あずきあず)
◎第3回:【学歴の暴力#3】あなたも“がくぼ沼”へ! 京大卒・えもりえもが語る、高学歴アイドル「5つの楽しみ方」 (文/えもりえも)

 続く第4回の担当は、東大卒のなつぴなつさん。どうしてもAKB48に入りたくて、何度も落選しながらもオーディションに応募し続けたこと、自分だけの武器を身につけようと東大に入ったこと、そのあと味わったつらすぎる現実、そして、絶望の淵にいるなつぴさんのもとに届いた1通のメッセージ・・・。まるで小説を読んでいるかのような感覚で、夢中で読み進めてしまいました。

◇    ◇    ◇

「AKB48に入りたい」その一心で東大を目指し、猛勉強の日々

 初対面の人との会話で聞かれがちな質問、「どうして東大に入ったの?」

 毎回「勉強ができたからかな」などと曖昧にかわすのだが、恥ずかしながら大きな理由は「アイドルになりたかったから」だ。

 私は昔から、地味で目立たない子だったと思う。

 見た目が悪くてスポーツもできない、人見知りが激しく、友達も少なかった。周囲はそんな私にいらだったのか、小学3年生のときはクラスの中心的な存在の男の子から、中学2年生のときはサッカー部の女の子などから、自分に聞こえるように、よく悪口を言われていた

 毎日がつらくて、自分のことも大嫌いで、常にほんのりと絶望していた。

 そんなときに出会ったのがAKB48だった。地元の先輩があのグループに入ったと聞いて、なんとなく見るようになったが、いつの間にか、あまりにキラキラしていて、たくさんの人に愛される彼女たちの虜(とりこ)になっていた「私もこんなふうになりたい」と思ってしまった。

 しかし、私は昔から賢く、現状を客観的にとらえる力があった。AKB48のメンバーたちと比べて、自分は明らかに不細工だった。

  私がAKBになりたいなんて言ったら、みんな大爆笑だ。中学2年生のころから、親にすら言わず深夜に目をかっぴらいて顔写真を撮り、こっそりオーディションに応募し続けていたが、毎回毎回、書類落ち。自分が不細工とわかっていたから納得はしていたものの、やはり悲しかった。

 憧れは捨てきれず、毎晩、部屋にこもって、ひとりでAKB48の曲を歌って踊っていた。『選抜総選挙』(シングル曲の選抜メンバーをファン投票によって決定するイベント)で名前を呼ばれたら何て話そうかな、なんて想像もしていた。そのときは違う自分になれた気がして、すごく幸せだった。

推しメン・元AKB48市川美織ちゃんと写メ会にて

 そのまま48グループのオーディションに応募し続け、気がつくと高校2年生の秋になっていた。もう進路を決めないといけない時期だが、私は特にやりたいこともなく、勉強もほとんどせず、自堕落に生きていた。AKB48の一員になりたい気持ちだけは、ずっと大きかった。だけど、やはりこんな顔では歌やダンスを頑張ったところで書類審査すら通してもらえない。なにか、プラスアルファの武器がないと・・・。

 ふと、決心した。「そうだ、東大に行こう」。私が人よりできることなど勉強くらいしかない。ならば、せめて日本一の大学に行けば、目に留めてもらえるかもしれない。

 しかし、入学以来ほとんど勉強をしていなかったので、学校の成績は最底辺だった。先生にも絶望的だと言われた。それでもなんだか、私にはできる気がした。

 そう決心してからは、取り憑(つ)かれたかのように勉強した。毎日、最後まで塾に残って自習し、移動中も食事中も単語帳を眺めた。心が折れそうになっても、「もしかしたらAKBに入れるかもしれない」と想像したら立ち直ることができた。

 猛勉強の甲斐(かい)もあってか成績はスイスイと上がっていき、やった分だけ成果が実るのを感じて、受験期は意外と毎日が楽しかった。

 しかし、大きなプレッシャーもあった。もし東大に受からなかったら。早稲田や慶応でもすごいけど、早慶卒のアイドルはすでにいるし、私の顔では東大生くらいにならないと見向きもしてもらえない。浪人したら、もうアイドルを始めるにしては若くない私にとって、貴重な1年をムダにしてしまう。絶対に、現役で東大に入らないといけない。

 あまりのプレッシャーからか、当時見ていたアニメ『進撃の巨人』に出てくる巨人に追いかけられる夢をよく見ていた。

 そんな中で迎えたセンター試験。十分に対策もしたし、模試の成績もよかった。しかし、私はここで受験期初めての挫折を経験する。

 1日目終了後、国語を自己採点したら200点中、110点だった。東大志望としてありえない点数だ。こんな点数、国語は苦手科目だったとはいえ、模試でも取ったことがなかった。

 母の前で大泣きし、結局、ほとんど眠れないまま2日目の理系4科目の試験に挑んだ。ここで挽回しないと終わり・・・。あまりにも緊張して、ずっと足が震えていたようで、次の日、筋肉痛になった。

「1問だって落とすものか」。マークシートに食らいつくように問題を解いた。

 結果、数学を1問だけミスしてしまったが400点中、398点。なかなかの好結果だ。

 なんとか合計点ではそこそこの点数を稼ぐことができ、どうにか正気を取り戻し、2次試験に向けてラストスパートをかけた。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 46
ほっこり 5
びっくり! 1
なるほど! 4
きゅん! 7
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 46
ほっこり 5
びっくり! 1
なるほど! 4
きゅん! 7