1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
おいしい

『ベビースターラーメン』は発売から60年以上、過去にはパスタ味やチョコ味も! 味やキャラクターの変遷に迫る

SNSでの感想
「ベビースターラーメン」の歴代キャラクター、覚えていますか? 提供/おやつカンパニー
目次
  • “麺のかけら”から生まれたベビースターラーメン
  • 思いつくようなフレーバーは「ひと通り開発済み」
  • 歴代キャラクターにはそれぞれの役割がある
  • 苦労して開発した3つの兄弟ブランド

「ベビースターラーメン」といえば、スーパーやコンビニのお菓子売り場で必ず見かけるお菓子のひとつ。近年だと2017年のキャラクターの世代交代を覚えている人も多いのでは? 2代目の「ベイちゃん」の引退が発表されるとネットは大騒ぎ。Yahoo!ニュースで大きく掲載されるほどでした。

 最近はほかの企業とのコラボにも積極的で、お菓子売り場以外でも見る機会が増えています。60年以上の歴史を誇る老舗ブランドは、時代の変化に合わせてどう進化しているのでしょうか?

 そこでベビースターラーメンの生みの親、株式会社おやつカンパニーの社員にインタビュー! 今回は、広報の諸岡亜由美さんにベビースターラーメンの誕生のきっかけや知られざるフレーバーの歴史などを聞きました。

株式会社おやつカンパニーの広報・諸岡亜由美さん  提供/おやつカンパニー

“麺のかけら”から生まれたベビースターラーメン

──ベビースターラーメンは最初からあの形だったのですか?

「そうなんです。当社はかつて製粉・製麺業を営んでおり、即席麺の天日干しの工程で出る“麺のかけら”をもったいないと思った創業者が、従業員のおやつにアレンジしたのが始まり。ベビースターラーメンのプロトタイプのようなものが生まれて、その後、製品化したのが1959年です」

1959年、発売当初のパッケージ 提供/おやつカンパニー

──当時から、あの味ですか?

「そうです。チキン味と呼ぶようになったのは、1988年のリニューアルで味のバリエーションが増えたタイミングですが、そのときはもう“ベビースターといえばあの味”と広く浸透していたと思います。

 ただ、ベビースターラーメンのチキン味については、実はかなり細かく味の改良を続けています。誰もがわかるように大きく変えることはないのですが、気づかれない程度のバージョンアップを結構、頻繁にしています

──そうなんですか!

「おそらく改良前のものと今のものを食べ比べても、それほど大きな味の変化は感じられないと思いますが、もし発売当初のものや数年前のものと食べ比べたとしたら、かなり違うはずですよ。例えば塩味を控えめにして、旨みやコクをしっかり感じられるようにするなどの改良をしています

──どうやって味の方向性を決めているのですか?

「時代によって好まれる味の傾向も変わります。また、ベビースターラーメンの購買層は子どものころから食べ、慣れ親しんだ40代の方が多いのですが、年齢を重ねたことによる味覚の変化もあると思いますので、そこに合わせることも考えます。もちろん、変わらぬ味を守り続ける姿勢もあると思うのですが、私たちはその時々で、もっともおいしい味を追求しています

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0