1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

ダイアモンド☆ユカイ、男性不妊と50代からの子育てを語る「3人の子どもは誰もロック親父に興味なし(笑)」

SNSでの感想
ダイアモンド☆ユカイさん。終始カッコいい佇まいでありつつも、瞳や口調には優しさをにじませていた 撮影/伊藤和幸
目次
  • “たんぽぽのような女性”と結婚。男性不妊を乗り越え、3人のパパになるまで
  • 双子の夜泣きには“二刀乳”で対応! 大好きなお酒を断ち、スイーツにハマる
  • 子どもはロックにまるで興味なし!? 今回の舞台は「みんな楽しんで観られるはず」

 2022年11月から始まるミュージカル・ショー『SEVEN-シンドバッド7つの航海-』に出演されるダイアモンド☆ユカイさんインタビュー第2弾! 第1弾では、ロックバンド『RED WARRIORS』のボーカルとして絶大な人気を誇ったあと、解散後のソロ活動で味わった苦悩や、音楽だけでなくバラエティや舞台の世界にも活躍の場を広げていくまでのエピソードの数々をお話しいただきました(第1弾→ダイアモンド☆ユカイ、公務員への道から一転、ロックの世界に! “成り下がり時代”を振り返り「天狗だった」)。今回は、プライベートにおける悲喜こもごももじっくりお聞きしています!

“たんぽぽのような女性”と結婚。男性不妊を乗り越え、3人のパパになるまで

──お仕事も波乱に富んでいますが、プライベートもドラマチックですよね。以前にテレビ番組で、“たんぽぽのような女性”と再婚した話をされていましたが、'11年に、ご自身の不妊治療について明かした『タネナシ。』(講談社刊)を出版されるまで、いろいろな葛藤があったのでしょうか。

それまではずっと、“バラのような女性”を求めて女優やモデルを自分のものにしているつもりだったのが、気がついたら翻弄されてボロボロになりました。なんせ、バラには棘(とげ)が生えているわけだから、さんざん痛い目にあってね(笑)。もう疲れたな、と思っていたときに、“たんぽぽのような女性”が現れたわけですよ。

 今まで気づかなかったけど、バラのような女性だけが俺の恋愛対象じゃないんだ、“たんぽぽ、いいなぁ”って。それで付き合い始めたんです。俺は一度、離婚しているし、こんなヤツ結婚に向いてないかな、死ぬまで独り身でいいんじゃないか、と思いつつも、だんだんと“家族を持つ”というゴールがあるなら、結婚する意味もあるのではないかと考えが変わり出した。それは、“たんぽぽ”が家庭的だったからなんです。

 “じゃ、結婚しよう”となって、いざ子どもを持とうとしたとき、妻の付き添いで検査に行って、自分も受けてみたんですが、ふたを開けてみたら、こっちが男性不妊もう、“あじゃぱー!”って感じでした

──思いもよらぬ事実が発覚してしまったのですね……。

「それからが、苦難の道です。2回の男性不妊治療を失敗して、そこで一度は諦めたんです。やっぱり過酷ですし、どうしても夫婦間がギクシャクしちゃうんですよ。でも、すったもんだしたあげく、妻が“最後にもう1回だけ挑戦したい”と。そうしたら女の子を授かったんです。俺は47歳のときでした。

 散々やらかしてきた俺みたいなやつがパパになれるんだと、素直にうれしかった。カミさんに、“よかったな、ありがとう”って言いましたよ。

 ところが、しばらくして落ち着いたころに妻が、“私たちは年をとっているから早く死んじゃう。娘が大きくなったら私たち、いなくなっちゃうから、きょうだいをつくってあげたい。もう1回挑戦しましょう”と言い出したんです。

 何度も失敗しているし、どれだけ大変なのかを知っているから、最初は“とはいえ、そんな簡単にいくもんじゃないよ”って諭したのですが、結果、今度は双子の男の子ができちゃったまたまた“あじゃぱー!”。さすがに双子は想像していなかったから、人生ガラッと変わっちゃったね。

 今、6人に1人が不妊治療で子どもを授かっているそうですが、自分も治療を続けるうちに、男性不妊の講演会で全国を回るようになったんです。『埼玉県こうのとり大使』を仰せつかって、高校などにも教えに行ったりしているんですよ」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 0