1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
かわいい

「じんべえさんは私の憧れ」作者・タケウチユミコさんが語る大らか癒やしキャラ『じんべえさん』との7年の歩み

SNSでの感想
『次の日ケロリ』の生みの親としても知られる、『じんべえさん』作者のタケウチユミコさん。じんべえさん誕生7周年に寄せる想いをお聞きしました 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 水族館での衝撃的な出会いから『じんべえさん』が誕生
  • じんべえさんの魅力を広げるなかまたち
  • 今後もじんべえさんとともにすぃーっと泳いでほしい

 たれぱんだ、リラックマ、すみっコぐらしなど、さまざまなヒットキャラクターを生み出してきたサンエックス。その中で2015年に誕生、新しいなかまを増やし、企業コラボなどで世界観を広げ続けているのが『じんべえさん』です。作者のタケウチユミコさんに、じんべえさん誕生から7周年を迎える今日までの歩みを伺いました。

水族館での衝撃的な出会いから『じんべえさん』が誕生

 海のように大きい体と心を持ち、細かいことは気にしないジンベエザメをモチーフにした『じんべえさん』が生まれたのは2015年。きっかけはタケウチさんが、水族館に行ったことだった。

水槽の中で大きく優雅に泳ぐジンベエザメの姿に感動しました。それでジンベエザメをモチーフにしたキャラクターを作れないかと。

 私は小さいころから泳ぐことが好きで、川やプール、海で水の中に潜りそこからよく空を見上げていました。太陽や泡がキラキラした世界は本当に素敵で、その中でゆったり泳いでいる生き物のことも大好きに。

 忙しい毎日でも、水の中は静かでキレイでゆったりしている。そういう世界観をじんべえさんの中で出せればと思いました

 そのような想いでスタートしたが、最初にタケウチさんが出したデザインは陸に上がったジンベエザメの下でカフェが開催されているもの。ジンベエザメの大きさにフィーチャーしたもので、色は現在よりも暗く、少し角張った形だった。

写真右上が初めてデザイン出しをした初期カンプ。確かに少し角張っていて色も違います 撮影/佐藤靖彦

一度はそれで提案したものの、やはりジンベエザメの泳いでいる姿が描きたいなと。最初にテスト販売したメモパッドで、カフェのうつぶせのポーズから泳いでいるポーズに絵柄を変えたんです。

 するとこのメモパッドが、サンエックスの新キャラ選手権で1位に選ばれる結果に。そこからトータルデザイン展開されるようになったんです

写真右上がはじめて商品化された販売用メモパッド 撮影/佐藤靖彦

 その後に発売されることになったぬいぐるみは、試作第1弾からイメージどおりの出来だった。新素材の柔らかいもちもち生地がじんべえさんのイメージともマッチし、プランナーと大喜びしたそうだ。

 またじんべえさんの世界観を演出するために大切にしているのが、言葉選びや文字だ。言葉は見ている人に伝わりやすいように、短くゆるめに。でもテンポをよくして伝わりやすいようにしている。

手書きっぽい文字のほうがイラストに合った優しい感じが出るかなと思い、ゆるめの手書き風フォントを使用しています

「にぎちょこぬいぐるみ」も同じフォント。じんべえさんは右下にいますね☆ 撮影/佐藤靖彦
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 4
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 4