0205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

「ウィーアー!」「KICK BACK」の“お魚替え歌”がSNSで話題! さかな芸人ハットリさんが歩む「100%魚人生」

SNSでの感想
さかな芸人ハットリさん 撮影/山田智絵
目次
  • 魚にハマった理由は“山”リアル『ぼくのなつやすみ』を過ごした少年時代
  • きっかけはエミネム!? 苦肉の策で生まれた「お魚替え歌」
  • 道が定まったギョウテンな出会い!? さかな芸人の道が本格スタート

「魚」と聞いてすぐに思い浮かぶ有名人といえば、さかなクン......という方が多いかもしれませんが、もうひとり忘れちゃいけないのがこの方、さかな芸人ハットリさんです。

 ヒットソングを魚の名前だけで歌う「お魚替え歌」をYouTubeで発信し、“半年間 自分で捕獲した外来種で作った料理を毎日食べる生活〜1日1食外来種〜”など数々のチャレンジ企画を行うなど、まさに魚マニア。最近ではお笑いネタが注目されがちですが、福岡県の進学校を卒業し、早稲田大学に入学。合格率10%以下といわれる日本さかな検定(通称:とと検定)の1級に合格するなど、アカデミックな一面も持っています。

アニメ『ONE PIECE』初代オープニングテーマの「ウィーアー!」を魚の名前で歌うハットリさん

 そんなハットリさんがなぜ芸人の道に進み、“魚”で生きるようになったのか。そのギャップが気になる人も多いかと思います。そこで今回は、ハットリさんに魚好きになった理由や、さかな芸人になるまでの経緯について伺ってきました。これまでの軌跡はまさに魚街道まっしぐら。魚づくしの人生をひも解いていきましょう!

魚にハマった理由は“山”リアル『ぼくのなつやすみ』を過ごした少年時代

──ハットリさんが魚を好きになったきっかけは何でしたか? やっぱり海とか?

実は山スタートなんですよ。父が渓流釣りが好きで、気づけばイワナやアマゴを釣る生活が当たり前でした。少年時代は生き物全般が好きで、愛読書は恐竜図鑑、夏休みは祖父母の家に行ってカブトムシを採って渓流釣りをするのがお決まりコース。恐竜・渓流魚・カブトムシから成り立っているのが僕です(笑)

本日の取材に応じてくれた、さかな芸人ハットリさん 撮影/山田智絵

──ゲームの『ぼくのなつやすみ』みたいな少年時代ですね!(笑)。お父様は生物系のお仕事とか?

父は歴史研究者(服部英雄さん)です。釣りは完全に趣味で、生物の研究もしてなかったですね。僕よりよっぽどテレビに出ていますよ」

──てっきり生物学系の方だと思っていました。渓流釣りから始まって、次に魚と接するのが大学のスキューバダイビングサークルとのことですが、入部の理由はやはり魚ですか?

「いや、もうシンプルに大学生活を楽しみたかっただけです(笑)。高校まで男子校、柔道部だった自分にとって“スキューバダイビング=南の島で水着の男女がキャッキャする”、これはすばらしい! と(笑)。ただ実際にはそういうノリに入れなかったんですよ。でも、魚にのめり込むきっかけは、スキューバダイビングサークルでの経験でしたね」

──なるほど。どんな理由で魚にハマったんですか?

のめり込んだきっかけは、水中で見たハゼです。ハゼって地味なイメージですけど、実はいろんな種類がいるんですよ。ダイビングの一発目に見た“ハナハゼ”に衝撃を受けました。幽霊みたいに透けているんですけど、そのビジュアルに“やべえ!”と興奮しましたね」

ハナハゼ ※写真は本人ご提供

──きれい......!最初はビジュアルから入ったんですね。

「そうですね。厳密に言うとハナハゼはハゼ科ではないんですけど、他にもアケボノハゼを見たときは感動しました。水深40メートルくらいにいる魚で、ダイビングを始めて1年半後にやっと見られました。

 あと、めっちゃハマったのがクロスズメダイの幼魚です。成魚は黒いクマノミみたいなのに、幼魚は白地に黄色と水色でかわいいんですよ。図鑑で見たハタタテハゼの仲間も3種類全部見たいと思って見に行きましたし。なんか色違いにキュンとします」

──昔から図鑑を見るのが好きだったとのことで、集めることへの快感もあったのでしょうか。

「そうかも。“○種類コンプリート!”みたいな感覚に近いですね。そんな感じでのめり込んでいた結果、気づけばスキューバダイビングの部内でいちばん魚に詳しくなっていました。子どものころから好きになるとのめり込むタイプでしたね」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0