0205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

ジュノンボーイをきっかけに芸能界入り!伊﨑央登主演『舞台・破天荒フェニックス』が上げる“反撃の狼煙”

SNSでの感想
本日の取材に応じてくれた、役者・伊﨑央登さん 撮影/伊藤和幸
目次
  • まさかの主演抜擢!演技は“1.5倍増しがちょうどいい”
  • 兄・右典さんとの絆。誰よりも近い存在だからこそ、似てると思われたくない

「決まったことに対して、走り抜けようっていう姿勢は似ているのかもしれません。やらないまま終わるよりは、やりきる。やりきった先に本当の答えが出ると思っているので。そんな考え方が、演じる役柄とも、どこか共通しているような気がしました

 12月7日より俳優座劇場で上演される、劇団TEAM-ODAC第40回本公演『舞台・破天荒フェニックス』今年6月に上演された舞台が約半年という短いスパンでの再演が決定、どちらも主演を務めているのが、役者・伊﨑央登さん(38)だ

 伊﨑さんは2000年に開催された第13回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞したことをきっかけに芸能界へ。4人組ボーイズグループ・FLAMEのメンバーとしてデビューするなどの経歴を持ち、近年は舞台を中心に役者として活躍している。

『舞台・破天荒フェニックス』の原作は、世界で450店舗を展開するメガネチェーン『OWNDAYS(オンデーズ)』の社長・田中修治氏が書き下ろしたビジネス小説『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』(’18年9月刊行)。電子ダウンロードを含み累計10万部を超えるヒット作品だ。

 大阪府出身の伊﨑さん。とても和やかな表情と軽快な関西弁で、主演を務める思いや、最近変化した自分の心境などを、たっぷり語っていただいた。

まさかの主演抜擢!演技は“1.5倍増しがちょうどいい”

『舞台・破天荒フェニックス』で主演を務める、伊﨑央登さん 撮影/伊藤和幸

「演出家の笠原哲平さんとは、これまで何度もお仕事をご一緒してきたし、プライベートでも親交がありました。そんな笠原さんから、電話でいきなり“主演、どう?”と言われたのがこの作品。僕としては“え、マジで言ってる!?”って感じでした(笑)。これまであまり主演をやってこなかったので。

 でも、ビジネス系や、過去を振り返って作り替えていく作業、モノづくりとかは昔からずっと好きで、この作品の“ゼロから立て直す”というストーリーに惹(ひ)かれたんです」

 原作の主人公・田中修治さんは、30歳という若さでオンデーズの社長に就任。初っ端から多額の負債を抱えるなどさまざまな困難に襲われるも、破天荒なアイディアと戦略で窮地(きゅうち)を乗り切り、いかなるピンチが訪れても仲間と挑戦を続けた。そんな倒産寸前からの復活、成功へと導いていくさまが、本書では描かれている。

ぶっちゃけると、これまでの人生であまり活字を読んでこなかったんですよ(笑)。でも、演じるにあたり『破天荒フェニックス』を読ませていただいて、率直に思ったのは“ひとりでは絶対にここまでやってこれなかったんやろうな”ってこと。僕自身も、周りの人たちの力や協力があってこそ、こうして舞台に立たせてもらえるし、作品が成り立つと思っているので」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 5
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 5