0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

「周りに合わせるのが本当に幸せ?」ライター・いしかわゆきさんに聞く、ポンコツ=悪じゃない。その生き方

SNSでの感想
本日の取材に応じてくれた、フリーライターのいしかわゆきさん 撮影/吉岡竜紀
目次
  • まさかのエピソードから始まった、今回の取材
  • 「人に迷惑をかけてはいけない」は、本当だろうか?
  • ありのままの自分でいないと、あらゆる人に迷惑だと思う
  • 自分の人生は、選んでつくっていけるもの

 日本はいろいろな場面で「きっちり100%であること」や「人に迷惑をかけないこと」が求められる。おもてなしの文化をはじめ、それらは日本ならではのよさにつながっている一方で、多くの方が窮屈さや“生きづらさ”を感じる要因にもなっているのではないか。そんな問いからスタートしたのが、今回の取材である。

 お話を伺ったフリーのインタビューライター/エッセイスト・いしかわゆきさんは、2022年8月に書籍『ポンコツなわたしで、生きていく。』を出版した。いしかわさんは、各所で自身がADHDであることを公表し、書籍の中でもさまざまな「ポンコツエピソード」を披露している。

「できないことがあること」を悪とせずに、迷惑をかけることを前提としてありのままに生きる……。そんな彼女に今回、私たちが気づかないうちに縛られている価値観や規範から自由になるためのヒントを語っていただいた。

まさかのエピソードから始まった、今回の取材

 時刻は15時15分、都内の弊社会議室。そろそろ、いしかわゆきさんが到着するころだと思っていたそのとき、筆者のスマホに1通のメッセージが届いた。いしかわさんからだ

ちょっと待ってください……目黒の主婦の友社と勘違いしていることに今気づきました……

 いしかわさん……! なんというニアミスだろう。フムフムニュースの運営元は、主婦と生活社。主婦の友社は別の会社だ。たしかに、どちらも「主婦」から始まる社名のため非常にややこしくはあるが……まさかの社名間違いが発生したのである。

「今から飛ばして15時40分につきます、本当にご迷惑をおかけして申し訳ございません…!!」

 ポンコツでいい。もっと人に頼りながら、自分らしく生きていい。

 そんなテーマを主軸とした今回の取材は、衝撃の“ポンコツ”エピソードから始まることとなった。

取材では終始笑顔で、快活にお話してくれたいしかわさん! 撮影/吉岡竜紀
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0