0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

岩崎良美『タッチ』タイアップ6曲が令和のサブスクでも大人気!『おさるのジョージ』がつないだ細田守監督との“ご縁”も語る

SNSでの感想
岩崎良美さん。大きな瞳と太陽のような笑顔がとってもチャーミングでした! 撮影/北村史成
目次
  • 「タッチ」の歌詞は衝撃的!「青春」ほかタイアップ曲もすべて上位にランクイン
  • アニメーション映画『竜とそばかすの姫』に出演、『おさるのジョージ』も大人気
  • デビュー曲「赤と黒」を引っさげて世界へ、本人も「大好きな曲」と太鼓判
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1980年代をメインに活動した歌手・アイドルの『Spotify』(2022年7月時点で4億3300人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における楽曲ごとの再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 今回は、1980年にアイドルシンガーとしてデビューし、今なお歌い続けている岩崎良美に注目した。岩崎良美といえば、'85年に発表した「タッチ」が、今なおカラオケの定番となっていることや、姉の岩崎宏美とともに歌がうまい姉妹という印象が大半かもしれない。

 しかし、実際、サブスクの大手であるSpotifyでは、岩崎良美の月間リスナーは常時15万人前後で、これは'80年代にアイドルとしてデビューした女性歌手の中ではTOP10に入るレベル。しかも、約15万人のうち約2割が海外リスナーとなっており、今や“「タッチ」を歌っている人”という認識だけでは説明できないほど、リスナーが広がっているのだ。そこで、今回から3回に分けて、ご本人にそれぞれの楽曲の魅力をひも解いてもらうので、まだ知らない方もこれを機にサブスクやCDなどで、彼女の多彩な音楽に触れてもらえればと思う。ちなみに、ご本人にサブスクを利用しているか尋ねてみたところ、

「実は、そういうサービスに強くないんですよ。でも、ライブに向けていろいろな歌を資料として聴く必要があって、集めるのが大変なので、いずれ入りたいです! 私の曲が、海外で人気なんですか? それはうれしいです。すごいんですね、私の曲!」

 と、ご本人も興味津々な様子で取材がスタートした。ではさっそく、Spotifyの順位を見ていこう。

「タッチ」の歌詞は衝撃的!「青春」ほかタイアップ曲もすべて上位にランクイン

 まず第1位は、2位以下とケタ違いの人気となっている「タッチ」。カラオケのJOYSOUNDによると、'92年の通信カラオケ誕生以来、30年間における「タッチ」の歌唱回数は全楽曲の中で13位! これは昭和の楽曲としては、尾崎豊「I LOVE YOU」(同ランキング10位)に次いで2番手、アニソンとしても「残酷な天使のテーゼ」(同ランキング1位)に次いで2番手と、まさに単なる昭和の歌やアニソンという範囲では収まりきらないほどの国民的ヒット曲といえるだろう。なお、発売された'85年3月ごろ、本人はドラマ『スクール・ウォーズ』の撮影が忙しく、それほどテレビで歌っていた記憶がないそうだ。

「発売からしばらくしてから、音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)のスポットライトのコーナーでは歌ったんですが、ベストテンには入っていないんですよね(『ザ・ベストテン』最高14位、オリコン最高12位)。だから、こんなに長く愛されるなんて思ってもいませんでした。今では『タッチ』を知らない人がいないんじゃないかと思うくらい、みなさんご存じで、すばらしい歌に出合ったんだと本当に感慨深いです

「タッチ」のジャケット写真。はつらつとした表情にピンクの背景が可愛らしい
こちらはアニメ版のジャケット写真。原作ファンには嬉しい、あだち充先生のイラスト仕様

 今やアニソンは、ブレイクの大きなきっかけとなるほど重要なタイアップのひとつだが、当時はアニメファンだけに向けられた楽曲も多かったせいか、歌謡界への影響力はさほどなく、むしろネガティブなイメージを持つ音楽ファンも少なくなかった。その点について、不安はなかったのだろうか。

“えっ、アニメの曲?”と最初は少し驚きましたが、抵抗はまったくなかったです。というのも、その前から(『タッチ』の作者である)あだち充先生と対談をしていて、先生の作品ならば! と喜んで歌いました。

「(作曲・編曲を手がけた)芹澤廣明さんの曲も、同じレコード会社だったチェッカーズさんのイメージが強かったですが、自然に歌えました。この歌で衝撃的だったのは、康珍化さんの歌詞ですね。♪呼吸を止めて1秒あなた~ という出だしの部分や、♪ひとり 涙と笑顔はかってみたら 涙が少し重くて~ という部分など、本当にいい歌詞だなって。『タッチ』シリーズも含めて、康さんの詞は好きなものがとても多いです

 さらに、テレビアニメ『タッチ』のタイアップからは、「タッチ」の次のシングル「愛がひとりぼっち」が3位、そのB面曲「青春」が5位、次のシングル「チェッ!チェッ!チェッ!」が9位、そのまた次のシングル「情熱物語」が14位、「タッチ」のB面曲「君がいなければ」が11位と、実はシリーズ全体で大量にランクインしている。

「愛がひとりぼっち」のジャケット。こちらも凛とした瞳がとても映える

「ありがたいことに、『タッチ』だけじゃなく、そのシリーズ全体で、シングルのB面の曲まで知っていただけていることにも感激します。この中で、私が(ライブなどで)よく歌っているのは『青春』(同アニメの2代目エンディングテーマ)ですね。本当に大好き。これも ♪夢と恋の違いに気づくころは 制服じゃもうないでしょう~ という歌詞が泣かせます」

 ちなみに、『タッチ』シリーズで岩崎が担当したエンディングテーマの「君がいなければ」「青春」「約束」「野球(ベースボール)」の4曲はいずれも、学生時代特有のちょっぴり切ない恋心が歌われたバラードがそろっている。特に「青春」はB面曲ながら、その翌'86年のセンバツ高校野球の入場行進曲に選ばれているので、覚えている中高年のリスナーも多いことだろう。

「当時、実際に甲子園球場で球児のみなさんを見てグッときました。最近でも3年前に、新聞社の取材で甲子園に行ったのですが、音響がすごくよくなっていてビックリしました。でも、球児たちも、応援する方々も昔と変わらず一生懸命で、感動しちゃいました」

「タッチ」や「青春」への熱い気持ちの一方で、9位の「チェッ!チェッ!チェッ!」や14位の「情熱物語」については、'02年発売のCD BOX『ぼくらのベスト』に付属のライナーノーツをはじめ、これまで本人のコメントはほとんど見られない。これらについては、今はどういった思いを抱いているのだろうか。

「『チェッ!チェッ!チェッ!』は面白くて好きな曲で、一時期よく歌っていましたよ。実は、この歌が発売されたころ、当時の所属事務所から“演歌を書かれている作家さんに曲を依頼してみたら?”という意見が出ていて、それで悩んでいたことで頭がいっぱいだったのかもしれません。今ならば、そういったお話があるのならやってみますが、若いころはトガっていたので反発していたんですよね。

『情熱物語』は、ジャケット写真がお気に入りでしたね。メロディーは……今聴いて思い出しました。こんなに人気なんだったら、今後、ライブで歌うのも考えたほうがいいですよね」

良美自身も気に入っている「情熱物語」のジャケット。表情がどこか大人びている

 ちなみにこの歌は、サビで気持ちよく伸びる部分を、岩崎良美がお手本のように歌っているせいか、カラオケでも平均点が非常に高いのでおススメしたい。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0