0522
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
雑学・教養

あくびが止まらない午後! 作業パフォーマンスを高める「コーヒーナップ」驚きの効果

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 午後の眠気を覚ます「コーヒーナップ」とは?
  • 「コーヒーナップ」を効果的に行うには?

 昼食を終えて、午後の仕事。

 今はまだ寒いからそうでもありませんが、これから暖かくなってくると、ついまぶたが重くなることはありませんか?

 これは、そんな「眠くなる午後」に、仕事の効率を落とさないための「コーヒーナップ」と呼ばれる習慣の話。

午後の眠気を覚ます「コーヒーナップ」とは?

 仮眠室が用意されている会社ならよいのです。でも、”そんな気が利いたものはない”というオフィスでは、デスクで居眠りするわけにもいかず、仕事をしながら、うつらうつら……。

 取引先へ送る見積書を、違う会社へ送信してしまったり、8万円の請求なのに8億円と入力したりと、豪快なミスを連発してしまったりして……。

 それはまあ、いくらなんでもないとしても、午後の眠気は生産性を落とすだけでなく、とんでもないミスにつながりかねません。

 そこでおすすめしたいのが、午後の眠気を防ぎ、仕事や作業の生産性を上げる「コーヒーナップ」という習慣です。

「ナップ(nap)」とは、「昼寝」とか「うたたね」という意味。これにコーヒーを合わせたのが「コーヒーナップ」。つまり、「コーヒーを飲んでする昼寝」という意味です。

「えっ? コーヒーを飲んだらカフェインで眠れなくなるよね?」

 あなた、今、そう思いましたね。

 そうそう、私も子どものころ、「夜にコーヒーを飲むと、眠れなくなるからやめなさい」なんて言われて育ちました。

 コーヒーに含まれるカフェインに、覚醒作用があるのは間違いありません。

 でも、その効果が表れるのは、飲んで30分くらいたってからの話。

 飲んですぐは、香りによるリラックス効果や糖質の摂取によって眠気を誘い、15~20分くらいの昼寝のあとには覚醒作用がある! 

 実は、コーヒーは「短い昼寝」にもってこいの飲み物なのです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy