0816
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】挑戦者たちの食費はタダだった? メニューは? 気になる“食事情”

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 挑戦者が体調を崩さないように
  • 挑戦者の「お食事代」はタダ?

 かつての大人気番組、アメリカ横断ウルトラクイズ(以下、ウルトラクイズ)。その第10回で決勝まで行かせていただいた私の体験から、これまでに5回、ウルトラクイズ裏話をお伝えしてきました。
●第1弾:伝説の『アメリカ横断ウルトラクイズ』、砂漠を歩いて帰るなど、罰ゲームの“裏側”
●第2弾:「会場付近で3時間待機」「本番前はずっと目隠し」、『アメリカ横断ウルトラクイズ』準優勝者が明かす収録の“謎”
●第3弾:伝説の番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』に台本はあったのか!? 準優勝者が語る“撮影秘話”
●第4弾:『アメリカ横断ウルトラクイズ』準優勝者、ニューヨークのホテルで起きた“事件”を激白!
●第5弾:【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】第10回の準優勝者が、NYでの決勝前夜に司会の福留功男アナと話したこと

 今回は、その第6弾。アメリカ横断ウルトラクイズの挑戦者たちが、アメリカ大陸を横断中に、どんな食事をしていたのか? その食事代は? という話です。

挑戦者が体調を崩さないように

 ウルトラクイズの挑戦者たちの食事は、ホテルでの朝食や夕食、ホテル外のレストランでの食事、バス移動中にドライブインやファストフード店などでの食事がありました。

 これらのお世話をしてくださるのが、旅に同行している旅行会社の方。番組の最後にテロップで出ていたように、近畿日本ツーリスト株式会社の添乗員です。

 街のレストランへの引率はもちろん、宿泊しているホテルで食事をするときも、一緒に付き合ってくださいました。これまでに書いた記事でもお伝えしているように、番組スタッフは意識的に挑戦者と距離をとっていましたから、挑戦者たちがもっとも長く顔を合わせていたのは添乗員さんということになります。

 この添乗員さん。とても和食が好きな方で、ホテル以外で食事をするときは、何度か現地の日本食のお店(と言っても高級店ではなく、大きな和食ファミレスという感じのお店)に連れて行ってくれたものです。

 たしかに、ホテル食やファストフードの食事が続いて「お米のご飯」に飢えているときの和食レストランは、とてもありがたかったのを覚えています。ごく普通のトンカツとご飯が、やけにおいしく感じられました。

 一方で、当時の私は「せっかくアメリカに来ているのだから、現地の人たちが食べているガチガチのアメリカンフードのお店で食べたい」などと思うこともありました。

 しかし、あとから考えると、あれは、添乗員さんが和食好きという理由だけでなく、挑戦者たちの体調を考えて、食べ慣れた和食のお店を選んでくれていたのでは? と思っています。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 2
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 8
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 2
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 8
きゅん! 0