0613
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ビューティ

【白髪対策#2】人気ヘッドスパの経営者が教える、自宅でできる予防法「頭皮マッサージ」と「シャンプーのコツ」

SNSでの感想
白髪予防に効果的なシャンプー方法や頭皮マッサージとは?(写真はイメージ)
目次
  • 白髪対策、まずは自炊することと「黒い食材」を食べることから
  • 血行を促進して、栄養を頭皮に行き渡らせる
  • すき間時間に頭皮マッサージを取り入れ、シャンプーを見直す
  • 白髪を防ぐ! 側頭筋マッサージ
  • シャンプーは天然成分にこだわる

 管理理容師で、ヘッドスパ専門店としては日本最多の店舗数を誇る『PULA(プーラ)』創業者の辻敦哉さんが、自らを実験台にし、生み出したのが辻式白髪予防法。#1では白髪対策のキモは「ミネラルとたんぱく質」を摂取することだとわかったが、#2では、日常生活でできる具体的な白髪予防法について辻さんに聞いていく。

(#1はこちら→【白髪対策#1】理美容師が数多く目撃している「白髪が黒髪に変わる事例」。普段の生活からできる改善法とは?

白髪対策、まずは自炊することと「黒い食材」を食べることから

 ついつい手を出しがちな加工食品がミネラル不足の原因となり、さらにはこの飽食の時代にあってさえ、食料難の戦後直後と変わらないほどたんぱく質が足りていないとは……。

 でも多忙な毎日、加工食品をゼロにするのは難しいし、肉や魚を増やすのも、物価高騰の昨今ではなかなか難しい。ではいったいどうすれば……?

 辻さんは自炊と、ある食材をちょっとプラスすることから始めようと提案する。

「白髪を予防したいのなら、まずは自炊するところから始めてください。すでに自炊している方なら、食材を吟味してからテーブルに並べるようにしてみましょう」(辻さん)

辻敦哉さん(本人提供)

 自炊の際には「レンジでチン!」するパックご飯ではなく、自分の好みに合った銘柄の米を、炊飯器で炊いて食べるようにしたい。さらには白米でなく、五分つき米など、糠を残した米ならさらにいい。糠には玄米の栄養素の9割が含まれていて、ビタミンやミネラルなど、黒髪に欠かせない微量元素の宝庫だからだ。

「江戸時代、“江戸患い”という病気があったのをご存じですか? 玄米が主食だった人が江戸に来て、白米を食べられるようになると起こる病のことで、今では“脚気(かっけ)”と呼ばれています。しびれやむくみ、倦怠感といった症状が起こります。

 実は、この病気を防ぐために生まれたのが糠漬け。糠には脚気を予防するビタミンB1が豊富だからです。こうした例からもわかるように、糠は髪のみならず、身体にも欠かせないビタミンやミネラルといった微量栄養素の宝庫。五分つき米なら、それほど白米との違和感を感じることなく食べられると思います」(辻さん)

 五分つき米を食べることで体調の変化を感じはじめたら、黒ゴマを常備するようにしよう。特に天日干しで作られた黒ゴマには、素晴らしい白髪予防効果があると辻さん。

黒い食材、例えばブルーベリーやナス、黒豆、あずき、コンブ、紫キャベツなど、色の濃い食材にはアントシアニンという成分が豊富に含まれています。中でも黒ゴマはカルシウム豊富で食べやすく、おすすめです」(辻さん)

 黒ゴマをすって、ご飯やみそ汁、ドリンクに混ぜたりして、あらゆる機会に食べることをすすめる。辻さんはラーメンにも入れるという。

 そして、すり黒ゴマがしょうゆやこしょう、塩のように、テーブルに欠かせないものになったら、次は生活習慣の見直し。ポイントは、運動習慣と頭皮マッサージをプラスすることだ。

血行を促進して、栄養を頭皮に行き渡らせる

 いくら食生活を改善し、身体が必要な栄養で満たされたとしても、それが頭皮にまで運ばれなければ白髪を予防し、改善することはできない。栄養を頭皮まで運び、毛根まで届けるもの。それこそが血液だ。

でも血管は、心臓から離れれば離れるほど細くなります。頭部なんて、その最たるもの。そんな細い血管に栄養を届けるためには、意識して血流をよくする行動、すなわち運動が欠かせません」(辻さん)

 運動不足の自覚があるのなら、何かしらの運動を取り入れよう。

 球技、ウォーキング、あるいはラジオ体操やストレッチなど、運動ならなんでもいい。まずは気軽にできて“楽しい”と思える運動から取り入れてほしいと辻さん。そして運動習慣が毎日の生活に根づいたら、次は頭皮の健康の見直しだ。

具体的には側頭筋マッサージと洗髪です」(辻さん)

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy