0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

松井玲奈「可愛らしい女の子の役が苦手だった」役者としての変化。劇団☆新感線×シェイクスピアの舞台で昭和の正統派ヒロインに

SNSでの感想
松井玲奈さん 撮影/松島豊
目次
  • 実は苦手意識があった、愛嬌のある役
  • 考えるより先に行動! 可愛さ演じる恥ずかしさを克服
  • 情念渦巻くシェイクスピア作品。ネガティブな感情との向き合い方は?

 今や映画・ドラマ・舞台で引く手あまたの役者、松井玲奈さん。2023年3月10日より、東京・大阪で舞台『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』に亜牟蘭モナ役で出演。12年ぶりに潤色のうえ再演される劇団☆新感線の舞台で、シェイクスピアの戯曲『オセロー』を原典にしたコミカルな芝居だ。

 実は本作で演じるような「可愛らしい快活な女性ヒロイン」にはあまり縁がなかったという松井さん。舞台への意気込みと、最近の役者業で見られるようになった「変化」、そしてネガティブな感情への向き合い方を語ってもらった。

◇   ◇   ◇

──本作では、三宅健さん演じる主人公・亜牟蘭オセロの妻・モナを演じます。初日への臨場感も高まってきていると思います。

「憧れだった劇団☆新感線さんの舞台に私が立つんだな、という緊張感をより実感してきました。私も客席で観ていた、セリフのかけ合いで笑ったり感動できる新感線らしい作品になっています。いつか出演したいと思っていたところにオファーをいただいて、今はその期待に応えることが第一ですね。

 シェイクスピアの『オセロー』が原典なので元は悲劇なんですが、その中でモナはただ1人といっていいくらい純真で、三宅健さんのオセロを一途に愛している存在。脚本で感じた彼女の純真さに役者としても応えられるよう、殻を破る気持ちでいます」

──製作発表では、稽古場での印象的なエピソードで「(劇団☆新感線の主宰で演出家の)いのうえひでのりさんの演技指導がすごく可愛らしい」ということを挙げていました。

「本当に可愛いんですよ。女性であるモナの立ち居振る舞いをいのうえさんが自ら実演してくださるのですが、小動物のように快活でぴょんぴょんしている、モナのキャラクターそのものにすら見えて。架空の三つ編みが揺れているみたいな、いのうえさんが稽古場で見せた愛らしくて無邪気なモナ像が私にできるんだろうか……と初めは尻込みしました。

 私は愛嬌があまりないなと自覚しているので、(キャピキャピした)可愛さを日々、研究しているところなんです」

松井玲奈さん 撮影/松島豊
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy