0525
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

注目の若手俳優・鈴木康介の「意外なイチメン」に迫る!「三河弁」フムフムや野球観戦にハマったきっかけとは

SNSでの感想
フムフムニュースのマスコットキャラクター・フムッフィーを頬に寄せる注目の若手俳優・鈴木康介さん。鈴木さんとの2ショットがフムッフィーのデビュー戦です♪ 撮影/松嶋愛、ヘアメイク/カスヤユウスケ(ADDICT_CASE)、スタイリスト/emi ito(ADDICT_CASE)
目次
  • 今年立てた目標がすでに叶った
  • 18歳まで使っていた三河弁の基本は「じゃん・だら・りん」
  • やるのはサッカー、見るのは野球。その理由とは?

 ドラマ『高良くんと天城くん』では、友人の恋をひそかに見守るメガネがトレードマークの香取役を、『アカイリンゴ』では、主人公を怪しい会員制クラブへと引き込んでいく同級生・志場役と、多くのドラマでまったく異なるキャラクターを演じ分けている俳優の鈴木康介さん。インタビュー前編では、現在放送中のドラマ『ジャックフロスト』についてお話を伺いました。後編では、鈴木さんの内面や、気になるプライベートにも迫ってみたいと思います!

ドラマ『ジャックフロスト』第5話より (C)「ジャックフロスト」製作委員会・MBS

今年立てた目標がすでに叶った

──2018年にデビューして以来、数々の舞台や映像作品に出演され、昨年は5本のドラマに出演と大活躍ですが、この5年間を振り返ってみて、ご自身でターニングポイントになったと思う作品はありますか?

 初めての主演ということもあって、今回の『ジャックフロスト』が自分のターニングポイントになるんじゃないかという気がしています。僕、2023年の目標をふたつ決めていて、ひとつは舞台に出ること、もうひとつはドラマで主演をやることだったんですよ。それが両方ともすでに叶(かな)ったので、やっぱり目標を立てることって大事だなと思いました。こんなにも早く目標達成できたことはこの5年間なかったので、さらに今年、ここからどうなるのか楽しみですね。

鈴木康介さん 撮影/松嶋愛

──実際にメインという立場に立ってみて、これまでとは違うものを感じますか?

 やはり全然違いますね。「もし僕が妥協してしまったら終わりだな」という責任みたいなものは感じました。もちろん妥協はしませんでしたが、これまではわりと脇役や3番手、4番手あたりの役どころを演じることが多かったんです。

 例えば、僕が演技でちょっとミスをしてしまったとしても、主役の方がフォローしてくださって進行していくこともありますが、今回は自分がメインの役どころなので、作品を引っ張っていく難しさを知りました。今まで見てきた主役の方々は本当にすごかったんだなということを、今回改めて感じました。

鈴木康介さん 撮影/松嶋愛

──現場で「主役」というプレッシャーの重圧を感じることはありましたか?

 実際にクランクインしてみたら、そこまでプレッシャーを感じることはなくて、わりとのびのびとやらせてもらえたと思います。自分のできる範囲で全力でやるということは変わらないし、できないことを頑張ってできるようにするより、今自分ができる最大限の力を最大限出すのがベストだと思うんです。

 でも、いまだに怖いですよ。「噛んだらどうしよう」とか「セリフが出てこなくなったら……」と思うと、つい置きにいく芝居をしたくなってしまうときもあるんですけど、それを乗り越えることで自信にもつながると思うし、ビビって手を抜くのだけはよくないなと思っています。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy