0623
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

BLドラマ『ジャックフロスト』で初主演を果たした鈴木康介、男性同士のラブシーンは「自分がキュンとしたときの感情をそのままに」

SNSでの感想
注目の若手俳優・鈴木康介さんと、フムフムニュースのマスコットキャラクター・フムッフィー。かわいいの相乗効果……! 撮影/松嶋愛、ヘアメイク/カスヤユウスケ(ADDICT_CASE)、スタイリスト/emi ito(ADDICT_CASE)
目次
  • 自分にないものを持っている人は魅力的
  • 普通のごはんだから、見ている人も想像しやすい
  • 再生時間を速めず、「間」も楽しんでほしい

 2018年に、演劇ユニット『浅草軽演劇集団・ウズイチ』のメンバーとしてデビューし、翌年に出演したAbemaTV『白雪とオオカミくんには騙されない』で一躍話題になった、今注目の若手俳優・鈴木康介さん。そんな鈴木さんが、本田響矢さんとW主演を務めるドラマ『ジャックフロスト』が現在放送中です(毎週木曜深夜1:29~MBSほか ※全6話)。

 数々のBLドラマを放送してきたMBS『ドラマシャワー』枠で、初の完全オリジナル作品となる本作は、本田さん演じる律が、事故で恋人・郁哉に関する記憶だけを失ってしまったことをきっかけに、複雑な想いが交錯する「両片想い」のストーリーが展開されます。

 インタビュー前編では、本作で恋人に記憶をなくされた営業マン・池上郁哉を演じた鈴木さんに、演じる中で感じたことや役への思い、ドラマの見どころなどを伺いました。

ドラマ『ジャックフロスト』第5話より (C)「ジャックフロスト」製作委員会・MBS

自分にないものを持っている人は魅力的

──ドラマの公式サイトのコメントで「郁哉は自分と共通点が多く、演じると自分の素をさらけ出している感じがして少し恥ずかしい」とおっしゃっていましたが、特にどういうところが似ているなと思いますか?

 郁哉はものすごく「面倒みたがり」なタイプで、自然と誰かのお世話をしたくなっちゃう人なんです。僕自身もそういう部分があって、5歳年の離れた弟がいるのですが、ついつい何かしてあげたくなっちゃうんですよ。なので、弟からは「いや、そんなこと頼んでないじゃん」って嫌がられることもたまにあるんですけど(苦笑)。そういったところは郁哉とすごく似ているなと思います。

鈴木康介さん 撮影/松嶋愛

──男性に恋愛感情を持つ役を演じるうえで、何か心がけたことがあれば教えてください。

 特に「こうしよう」と考えていたことはなかったですね。キスシーンやベッドシーンでは律役の本田くんとリハーサルで実際の動きを確認して、監督とも「この流れで2回くらいキスできたらいいね」と事前に準備もしましたが、僕がキュンとしたらそのときの感情を演技として表すというか、そういう現場で感じた一つひとつの感情をそのまま表現できたらいいなという思いでやっていました。作品をご覧になったみなさんにそれがどう映るのか楽しみですね。 

──演じている中で、ご自身がキュンとしたときの表情や仕草が、そのまま郁哉の芝居になっていた、という感じなんですね。

 そうですね。台本に「キュンとした」って書いてあるからキュンとしているわけじゃなくて、その場で自分が律にすごくときめいた感情を、郁哉として表していました。

鈴木康介さん 撮影/松嶋愛

──演じていて、律のどんなところが「好きだな」と思いましたか?

 天才に惹(ひ)かれるというわけじゃないですが、律は何でも感覚でやっているじゃないですか。絵が上手なところは自分にはないものだし、イラストレーターという人に出会ったのも律が初めてだったから、そういったアーティスティックな一面を尊敬している部分もあるし、自分にないものを持っている人は魅力的ですよね。あとは、律の顔もタイプだったと思います。「かわいい顔だな」って。

鈴木康介さん 撮影/松嶋愛

――事故によって、恋人である自分の記憶だけなくなってしまったことによる切ない展開ですが、「両片想い」のどんなところが一番切なかったですか?

 いっぱいありましたけど、郁哉が過去を思い出して回想に入る前のシーンを、その回想シーンの前に撮ることもあったんです。自分の中で「昔はこうだった」と思っていたこととは逆の順番で撮影したので、「昔はこんなにラブラブだったんだ」って後から知ったときはちょっと切なくなりましたし、想像していた過去よりももっとしんどいことだったときは胸が痛くなりました。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy