0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

“共感を呼ぶ”と話題の、ミーハーネタ満載のコラムは、考察にも定評があるとたびたびトレンドに。そんなコラムを書くのは、恋愛ドラマとエンタメが大好きなライター・菜本かなさん。これを読めば、今期ドラマのトレンドがバッチリわかる。おしゃまなコラムをお送りします!

ドラマ・映画・舞台

『夕暮れに、手をつなぐ』『星降る夜に』永瀬廉&北村匠海、冬の2大恋愛ドラマが巻き起こすキュンキュン旋風! 究極の選択! あなたはどっちに惹かれる?

SNSでの感想
永瀬廉(左)、北村匠海(右)
目次
  • 今期ラブストーリー2強のイケメン男子が熱い!! 
  • 筆者が選ぶ音 & 一星のNo.1胸キュンシーンは?

今期ラブストーリー2強のイケメン男子が熱い!! 

 だいたいの作品が、後半戦に突入した冬ドラマ。みなさんは、“沼”にハマったキャラクターはいますか? 私は、『星降る夜に』(テレビ朝日系)の柊一星(北村匠海さん)と『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系)の海野音(永瀬廉さん)にどハマりしております。

 そもそも、北川悦吏子さん作品に出演する男性キャラが大好きなので、ドラマが始まる前から、音にハマることは予想していたんです。クールでちょいと影がある青年とか、めっちゃタイプなやつやわ〜と。

 だけど一星は、まっじ(マジ)で想定外でした。以前、連載でも触れましたが(『星降る夜に』から見る、パブリックイメージを覆す?! 巻き込まれ型キャラの「B面」を引き出す“大石静”作品の魅力)、大石静さん脚本の男性たちには、いろいろと沼ってきたんですよ。

 でも、まさか私が、“破天荒な陽キャ男子”に沼るとは思ってもみなかった……。友人からも、「好きなタイプじゃないじゃん!」と驚かれております。

 このふたりって、どう考えてもタイプが真逆ですよね。“陽”の一星と、“陰”の音って感じで。でも、実はふたりとも、心の奥底に深い孤独を抱えているのが共通点。

 学生時代に両親を亡くした一星は、孤独になる怖さを知っているんです。だから、(仕事である)遺品整理をするときも、ついついお客さんにお節介を焼いてしまう。あのころの自分と同じ寂しさを抱える人が、少しでも減るように。

 いつも、雪宮鈴(吉高由里子さん)に対してまっすぐに愛の言葉を伝えているのも、きっと“別れ”を経験したことがあるからだと思う。相手が死んでしまったら、もう二度と言葉は届かない。ちょっと前まで元気だった人と、二度と会えなくなってしまう可能性だってある。自分だって、何があるかはわからない。

 だから、彼がことあるごとに「好き!」と言うのは、ただ愛情表現がうまいからだけじゃないんです。いつか必ず、会えなくなる日がくる。だから、“後悔をしないように”と、その時々の気持ちを、そのときに伝えている。

 「好き!」と言われるたびに、鈴が「知ってる」「わかってる」と幸せそうに返すのも、めっちゃいいですよね。当たり前のように愛されるって、とても幸せなこと。駆け引きをしない彼だからこそ、鈴は安心して心を委ねることができるんだと思います。

 一方の音は、裏切られるのが怖くて、最初から心を閉ざしているタイプ。誰かといる温かさを知ってしまったら、もう二度と孤独に戻ることができない。だったら、最初から孤独でいたほうがいいや。そんなふうに思って、生きてきたのではないでしょうか。

 だけど、自分の心に土足で踏み込んでくる浅葱空豆(広瀬すずさん)と出会ったことで、少しずつ、少しずつ変わっていく。ちなみに、空豆も天真爛漫に見えて、実はいろいろな寂しさを乗り越えてきた女の子。

 だから、音の孤独に寄り添うこともできる。空豆に影響を受けて、明るさを取り戻していく様子が、とても美しくて尊いんです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1