0624
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

芸能

AKB48・SKE48の振付師、牧野アンナが明かす「アイドルのメンタルケアの難しさ」「努力した子が報われるわけではない世界」

SNSでの感想
牧野アンナさん。経験に裏づけられた言葉たちには説得力があった 撮影/伊藤和幸
目次
  • “地雷”を踏んだら最後、10代でデビューする女の子のメンタル管理の難しさ
  • 当時のAKB48は人気順をガラッと覆すのが難しい、振付中に眠ってしまう子も
  • 松井珠理奈の頑張りとSKE48の“あり方”、当時は「大変だったことしかない」
  • '80年代のアイドルは替えがきかない存在だった、日韓アイドルにおける違いは?

 安室奈美恵やMAX、SPEEDなど名だたるアーティストを輩出した『沖縄アクターズスクール』。その創始者であるマキノ正幸さんの娘であり、振付師の牧野アンナさん(51歳)。はつらつとした表情は、年齢を感じさせません。

 2000年代以降、活動が縮小傾向にあった沖縄アクターズスクールが今年、牧野さんの主導で新生『B.B.WAVES』のメンバーオーディションを開催中。新たなる才能の芽に出会うため、再始動しています。インタビュー第1弾では、アクターズの歴史ともリンクするアンナさんの波瀾万丈な半生を語っていただきました。(第1弾記事→牧野アンナがスーパーモンキーズでの活動で痛感した“絶対に敵わない相手”との圧倒的な差と、デビューから約2か月で沖縄に帰ったワケ)今回は、アクターズでチーフインストラクターとしての経験を積んだあと、振付師としてAKB48やSKE48の振付や公演プロデュースに携わった牧野さんに、思い出深いエピソードや、昭和と現代、そして日本と韓国におけるアイドルの違いについてお聞きします。

“地雷”を踏んだら最後、10代でデビューする女の子のメンタル管理の難しさ

──牧野さんは20歳のとき、『SUPER MONKEY'S』(スーパーモンキーズ。安室奈美恵やMAXらも在籍していたダンスアイドルグループ。以下、モンキーズ)として二度目のデビューを果たしました。「とにかくちやほやされて勘違いしてしまった」と語っていた一度目のときとは、周囲の対応は違いましたか?

「あまり変わらないですね。日本って、タレントのマネジメントはしても、教育はしないというか。アスリートだと必ずコーチがついて、プロになったあともずっと指導してもらえるし、メンタルトレーナーもいたりする。でもエンタテインメントの世界って、多感な年齢にもかかわらず、きちんとケアしてくれる人間が周りにいないんです。ただ、それってマネージャーにはカバーできない部分もある。だって、例えばパフォーマンスのことをマネージャーから指摘されても、“いやいや、あなたは歌って踊れないでしょ”ってなるじゃないですか。だから本当は、歌や踊りをちゃんと習得していて、彼女たちの人間性もよくわかっている人が近くにいて注意やアドバイスをしてくれたほうが、本人たちもスッと納得できるのではないかと思いますね

──牧野さんは「ポニーテールとシュシュ」「フライングゲット」「ヘビーローテーション」「青空片想い」「ごめんね、SUMMER」などAKB48、SKE48の人気曲をはじめとし、AKBグループの振付も多数、担当されています。10代の女の子を中心としたグループを見ていて、どのように感じましたか。

いわゆる思春期にアイドルとしてデビューする女の子って、メンタルの管理が本当に難しい。自己顕示欲の塊だったり、信じられないようなコンプレックスを抱えていたり……。地雷がいっぱい埋まっていて、うっかり踏んでしまうと、急にトイレから出てこないとか、いくらでもあります(笑)。でも当時と同じで、彼女たちをきちんと育成できる環境や、適切に教育してあげられる大人が身近にないことが原因だと感じています

「一度、地雷を踏んでしまったら、持ち直すのがすごく大変なんですよね。例えば……」と、自身の経験を回顧する牧野さん 撮影/伊藤和幸

──確かに歌やダンスのレッスンはしても、メンタルまでケアするのは大変そうですね。

私自身も、10代半ばに芸能界に入って、努力もしないで生意気になった経験があるので、その過程もわかるんですよ。キラキラした気持ちを抱いてデビューしてから、あっという間にダメになっていくという……。

 自分の場合は、完全に打ち砕かれて沖縄に帰り、今度はアクターズで死ぬほど頑張ってみて、なんとかスランプから脱出するという経験ができました。モンキーズとして二度目のデビューをして、そこで自分はトップには立てないと悟り、アイドル活動を辞めると決断できたのも、その前に最大限、努力することができたからだと思います。周囲からしたら、どちらもアイドルを諦めて沖縄に帰ったという構図に見えると思いますが、心の持ちようは全然違いました。

 アイドルの子たちが1回ダメになったとき、そこから抜け出せなくなるのもわかりますが、たまたま自分が落ちぶれと潔い幕引きのどちらも経験できたので、できればこれを生かして、メンタルを含めいい方向に導いていけたらなと思っています

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy