0416
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

アカデミー賞最有力候補『エブエブ』カオスな作品の魅力と世界を救う第3の目

SNSでの感想
ミシェル・ヨー
目次
  • 主人公が“疲れたフツーのおばさん”という規格外作品
  • 全宇宙を救うには、“もっともダメな”現エヴリンが、もっとも可能性を秘めている
  • さまざまな能力を身につけたエヴリンが最後に得たものは

 ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナートの通称ダニエルズ監督・脚本による、超ぶっ飛び映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(略称『エブエブ』)が日本でも公開され、注目を集めている。

 日本時間3月13日に発表を控える、第95回アカデミー賞では作品賞を含む10部門11ノミネートを果たしており、発表後はさらなる話題の的となること必至。

 そこで、全宇宙を危機にさらす強大な敵とヒロインが、マルチバース(多元宇宙)で戦うSFカンフーアクションの魅力を考察したい。<以下、ネタバレあり>

◇   ◇   ◇

主人公が“疲れたフツーのおばさん”という規格外作品

 そのヒロインというのは、コインランドリーを営む、疲れた普通のおばさん・エヴリン(ミシェル・ヨー)。20数年前に、夫のウェイモンド(キー・ホイ・クァン)とアメリカへ渡り暮らしてきたが、生活は悩みだらけ。

 国税局の担当者(ジェイミー・リー・カーティス)からは、税金申告のやり直しを促され、一人娘のジョイは反抗的で、頑固な父の介護も大変。それなのに、ウェイモンドは優しいだけで頼りにならない。「あのとき、違う選択をしていたら、違う人生だったはずなのに……」。

 これだけだと、どうにもマルチバースのカンフーアクションとは結びつきそうにないが、これがどうして、想像を超えた怒涛(どとう)の映像体験が続き、笑いあり、哲学あり、家族愛あり、人類愛あり、そして涙腺まで刺激する規格外作品なのだ。

 ミシェル・ヨー、キー・ホイ・クァンら俳優陣のすばらしさ、魅力が本作を支えているのは大前提だが、ここでは物語に触れていきたい。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0