0302
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【舞いあがれ! ここが気になる#3】朝ドラの本質を教えてくれる常連さんを「つなぎ」に使わないで!

SNSでの感想
朝ドラ常連俳優の3人。左から松尾諭、古舘寛治、久保田磨希

 『舞いあがれ!』には桑原亮子さん以外に、2人の脚本家がいると前回書いた。桑原さんでないと「デラシネ度」が下がるから、書き続けてほしい。そう書きながら少し予感がしていたのだが、3月6日からの第23週は佃良太さんの脚本になった。

 デラシネ度はぐっと下がった。そして、マンガチックになってしまった。例えばこの週に登場した我妻(久保田磨希)という社長が典型だ。板金工場を経営し、ヒロイン舞(福原遥)が立ち上げた「こんねくと」の初仕事に関わる。職人上がりの曲者だと語られるが、その時点で性別は不明。「こんねくと」を訪れて最初に映ったのは背中、次が横顔。徐々に身体の大きな女性とわかる。無言で設計書を読み、正面から顔が映ってこう言う。「あかーん、うちはやらへんで」。この時点で、ちょっとステレオタイプ。

 翌日の放送は「あかーん」のリフレインから。「アホちゃうん?」などキツめの言葉を連発し、アイスコーヒーを飲む。ストローはかき回しただけで使わず、直接口をつけてゴクッと飲む。切り替わって舞との会食シーン。無言のままで大きなジョッキを持ち、ビールを一気にグビグビッと飲む。「あー、おいしい」と言って、口についた泡を手でググッとぬぐう。

 ゴクッ、グビグビッ、ググッ、の3連打。わかりやすすぎる。久保田さんの体形を前提に、「がさつですけど、実は剛毅な女性ですよー」と合図しまくっている。そして舞の思いを聞き、「いっぺんだけ、つきおおてあげる」と案の定の展開。23週は結局、我妻の工場で作った指輪が大ヒット、「こんねくと」が順調に離陸して終わり。一直線すぎて、「そんなにうまくいくかなー?」と思ってしまう。

 この週に同時進行したのが舞の幼なじみ・久留美(山下美月)の父親(松尾諭)のプロポーズ騒動で、終わってみれば「常連俳優でつなぎました」の週だった。松尾さんは『舞いあがれ!』で朝ドラ5作目、久保田さんは4作目だそうだ。最後に舞の妊娠がわかり、次週予告では生まれた女の子がもうちょこちょこと走っていた。一気に時を進める前に、常連でちょっと一呼吸。それはあまりにもったいないぞ。そう言いたい。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0