0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

『舞いあがれ!』舞&貴司の恋はなぜ応援したくなる?『おかモネ』でも描かれた相手をわかろうとする姿勢

SNSでの感想
左は『舞いあがれ!』の福原遥と赤楚衛二 右は『おかえりモネ』の清原果耶と坂口健太郎
目次
  • 『おかえりモネ』でも描かれた“わからないけど、わかりたい”
  • “空気が読めすぎる”ふたりが、互いの幸せを願う『舞いあがれ!』

 ついに最終回まで残り約1か月となった連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合)。さまざまな人の思いを背負いながら、どんなときも大空目指して舞いあがろうとしてきた福原遥さん演じるヒロイン・舞の物語も佳境を迎えています。

 作り手の登場人物一人ひとりに対する優しい眼差しが感じられるこの物語に、何度心が浄化されたことか……。特に癒されていたのが、舞と赤楚衛二さん演じる幼なじみ・貴司の恋愛模様です。出会ってから結婚までたくさんの時間をかけ、ゆっくりと関係性を育んできたふたり。そこには、もどかしいけれど見守りたくなるような尊さがあります。

『おかえりモネ』でも描かれた“わからないけど、わかりたい”

 そんな舞と貴司を見ていたら、思い出したふたりがいました。2021年度に放送された朝ドラ『おかえりモネ』の清原果耶さん演じるヒロインの百音とその恋のお相手、坂口健太郎さん演じる菅波です

 東日本大震災から10年の節目にあたる年に制作された『おかえりモネ』は、宮城県・気仙沼が舞台。架空の島である亀島で生まれ育ったヒロイン・百音が気象予報士となり、仕事で得た知識と経験を通して故郷に貢献しようとする姿が描かれました。

 ただ、第1話で百音がいたのは故郷の気仙沼ではなく、内陸の登米市。高校卒業と同時に実家を離れ、祖父の知り合いである登米市の大山主・サヤカ(夏木マリさん)の家に下宿して、市の森林組合で働いているという設定でした。

 多くの朝ドラはヒロインの幼少期から物語がスタートしますが、本作の場合、初登場時の百音の年齢はすでに19歳。百音がなぜ故郷を離れるに至ったのか、わからない状態からのスタートでした。

 そして、のちに明らかになるのは百音の後悔と痛み。実は東日本大震災が発生した2011年3月11日、百音は高校受験のために島を離れており、すぐに友人のもとに駆けつけることができませんでした。その日からずっと「自分は何もできなかった」という負い目を感じていた百音。地元を離れたのもそのためです。

 だから百音は人一倍、誰かの役に立ちたいという思いが強く、やがて彼女は未来を予測し、起こりうる被害を最小限に留めたり、逆に自然の力を利用することもできる気象予報の可能性に魅入られていきます。

 そんな百音の姿を通し、災害に限らず「つらい経験をした当事者に、非当事者はどう向き合えばいいのか」という課題を掲げた本作。そこにひとつの解を与えたのが、菅波のとある台詞でした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 17
うるうる 4
ほっこり 31
びっくり! 2
なるほど! 8
きゅん! 10
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 17
うるうる 4
ほっこり 31
びっくり! 2
なるほど! 8
きゅん! 10