0518
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

『2gether』『F4 Thailand』タイドラマの爆発的ヒットは必然だった!? タイ語ベテラン通訳が知る現地俳優の“神ファンサ”

SNSでの感想
3月18日、19日にぴあアリーナMMで行われた、ファンイベントのアジアツアー『Shooting Star Asia Tour』。高杉さんが通訳を担当した。左から順に、Dew(デュー)、Bright(ブライト)、Win(ウィン)、Nani(ナニ) ©GMMTV/PIA/tv asahi
目次
  • 『2gether』の魅力と日本人に受け入れられた理由
  • 情報のアップデートが正しい通訳につながる
  • タイの俳優たちから見た日本のファンに対する印象
  • タイの映画監督から見た日本のファンの印象
  • 仕事が途切れない理由は真摯に向き合う姿 

 20年以上、タイ語通訳・翻訳者として活動してきた高杉美和さんの仕事内容が一変したのは2020年のこと。BLドラマ『2gether』の大ヒットから始まった、タイドラマの一大ブームによるものだ。

『2gether』で大ブレイクを果たしたBright(ブライト)とWin(ウィン)が多くの女性の心をわしづかみにし、その人気がほかのタイBLドラマやタイ若手俳優陣へと波及していったのだ。

(インタビュー前編では、高杉さんが通訳・翻訳家になった背景や佐賀県にタイドラマを誘致したお話、タイ語の習得方法をお伺いしています→記事:タイドラマの大ブームを支えるベテラン通訳が、タイのエンタメ沼にハマるまで

今回お話を伺った、タイ語通訳・翻訳者の高杉美和さん

◇   ◇   ◇

『2gether』の魅力と日本人に受け入れられた理由

「『2gether』は、人の優しさがすごくにじみ出ている作品。本作のウィーラチット・トンジラー監督は、以前から面識があって過去の作品も見ていたのですが、人を見る目がとにかく優しくて、セリフに頼らない間の取り方が絶妙。

 Scrubb(スクラブ)というバンドの楽曲が随所に流れるのですが、音楽の使い方もいい。ドラマ全体から感じられる優しさが、当時、コロナで不安を抱えていた日本人の心にすっと入っていったのではないでしょうか

 高杉さんの仕事も、イベントやファンミーティングのために来日するタイ俳優の通訳、映画の字幕監修や舞台あいさつの通訳など、タイの文化芸能関係に関する仕事がメインになっていった。

 2020年には、日本で初めてのタイドラマ専門誌“タイドラマガイド「D」”を始め、来日する俳優インタビューの通訳も多数担当している。

 それまでビジネス関係や映画祭の通訳・翻訳や、「STAY佐賀」での撮影サポートなどで培ってきたスキルが、最大限活用される機会が到来したのだ。一方で、タイの若者言葉の勉強や、タイドラマや映画のチェックなど、今まで以上に吸収しなくてはならないことが増えていく。

「以前に比べると、タイ語の翻訳ができる人はかなり増えました。ただ、タイ語と日本語の通訳で、同時あるいは、ほぼ同時通訳ができる日本人の通訳者は少ないです。タイ人俳優のイベントなどでは、数人の通訳でチームを組むこともあるのですが、私は必ず事前に全員で“勉強会”をしています」

『2gether』出演のWin(左) 、Bright(右) 提供/タイドラマガイド「D」 vol.1(東京ニュース通信社刊)
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy