0715
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
暮らし

入学・入社シーズン。この春、ひとり暮らしの女性が“帰宅時の防犯対策”で気をつけるべきことは?

SNSでの感想
※画像はセコム株式会社より提供
目次
  • 防犯対策の大前提は「事前の確認と準備」 帰路につくときできること
  • もしも不審者に遭遇したら、どうすべき?

 進学・入社シーズンの4月。この春、環境を大きく変えて新生活をスタートさせたという人も多いのではないだろうか。

 そんな中、特にひとり暮らしを始めたばかりの女性にとって気がかりなのが、在宅時や帰宅時の「防犯対策」だ。ひとり暮らしの女性を狙った悪質なストーカー行為などの事件は後を絶たず、中には命が奪われてしまったケースもある。

 そのような事件に巻き込まれないために今回、日本初の警備保障会社として60年以上にわたり防犯対策やセキュリティ、警備に関するサービスを提供してきたセコム株式会社に取材を実施。コーポレート広報部の坂井有紀子さんと、菅原涼子さんに、外での歩き方・もし不審者に遭遇したらどうするべき? など、「家に帰るとき」にできる女性の防犯術について詳しく伺った。

防犯対策の大前提は「事前の確認と準備」 帰路につくときできること

──この4月から、新たな環境で生活を始める女性は多いと思います。まず、防犯対策の大前提となる考え方は何ですか?

菅原最も大切にしていただきたいのは「事前の確認と準備を徹底すること」です。新しい家の帰宅ルートで危険な場所はないか? 避難できる場所はどこなのか? ということをあらかじめしっかり確認し、もし危ないポイントがあれば、対策を考えておく必要があります。

セコム株式会社コーポレート広報部・菅原さん

──なるほど。その前提を持ったうえで、改めて具体的なシーンごとにお聞きします。「帰宅時」に女性が確認しておくべき点はどのようなものがあるでしょうか?

菅原まずは帰宅ルートの様子を、昼と夜で時間帯を変えて確認していただきたいです。特に夜は暗い場所や人通りの少なくなりそうな場所がないかをチェックしてください。もし危険なポイントがあった場合は、24時間営業のコンビニやドラッグストアなど、万が一の際に逃げ込める場所を正確に把握しておくとよいでしょう。

 例えば暗がりで誰かに急に抱きつかれたなど、何かあった際は気が動転してしまい、110番通報ができないこともあります。ただ走って逃げることだけで精いっぱいなとき、必ず人がいて「助けて」と言える場所があるのは安心材料になります

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy