0521
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
暮らし

居留守はNG! 空き巣のほとんどは5分を越えると諦める。この春ひとり暮らし女性の“在宅時の防犯対策”

SNSでの感想
※写真はイメージ
目次
  • ひとり暮らし、居留守や窓の開けっ放しはNG!空き巣や不審者はどこを見ているのか
  • 家にいるときにできる防犯対策
  • 「オートロックで、網ガラスだから大丈夫」は危険!

 リモートワークが増えた現代において気になる、「在宅時の防犯対策」。世間では集団強盗事件が相次ぎ、この春ひとり暮らしを始める女性やその親御さんの心配は尽きない。空き巣や在宅中の訪問者対応のトラブルを防ぐためにできることは? “不審者を寄せつけない家づくり”とは? セコム株式会社の坂井有紀子さんと、菅原涼子さんに取材を行った。

【前編→入学・入社シーズン。この春、ひとり暮らしの女性が“帰宅時の防犯対策”で気をつけるべきことは? 】

ひとり暮らし、居留守や窓の開けっ放しはNG!空き巣や不審者はどこを見ているのか

──ひとり暮らしの在宅時の防犯術についてお聞きしたいと思います。まず、どのような家が狙われやすいのでしょうか。

菅原:今回はひとり暮らしというお話なので、前提として集合住宅を想定して回答しますね。ポイントはいくつかあるのですが、まずは植栽などで死角があり、外から見通しの悪い部屋は狙われやすい傾向があります。2階や3階の部屋でもバルコニーなどに足場になるものがあると侵入しやすくなってしまいます。

 空き巣の心理としては、明るい道路に面していて、きれいに管理されている集合住宅は入りづらいようです。

──インテリアの配置など、「家づくり」の観点からできる対策はありますか?

菅原:ひとり暮らしの家の場合、外から見たときに「女性が住んでいる」とわからなくすることが大切です。

 そのため、窓辺に女性らしいアイテムを置かないというのは対策になると思います。そのほかに、カーテンを緑や茶色など中性的な色にする、可愛らしい置物やぬいぐるみは部屋の中心部に飾るといったことに気をつけるだけで、女性が住んでいるのか判断できない部屋をつくることができます。

坂井意外と盲点になりやすいのが玄関です。宅配業者などの来訪者が来た際に、女性のひとり暮らしだとわからないほうが安心です。そこで、玄関周りにも可愛らしいアイテムを置かないようにする、男性用の靴を置く、部屋の中が見えないようドアを閉めるといった対策をとるだけでも防犯リスクを下げることにつながります。

菅原:あとは空き巣などの泥棒は窓からの侵入も非常に多いため、窓ガラスに防犯フィルムを貼るのも有効な対策です。防犯フィルムは窓ガラスが完全に割れてしまう時間を遅らせるアイテム。空き巣は侵入に5分以上かかる家は諦める傾向にあるというデータもあるため、万が一自宅を狙われても盗難に遭うリスクは下げられます。

 ただし、賃貸住宅の場合には防犯フィルムを貼り付ける前に、必ずオーナーや管理会社などに確認するようにしてください。

警察庁HP『住まいる防犯110番』より

坂井窓に補助鍵も設置すると安心です。賃貸の場合、補助錠を付ける際は防犯フィルム同様に事前にオーナーや管理会社などに相談が必要になりますが、窓の上部につけると空き巣も鍵を開けづらくなるため、効果が高まります。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy