0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
漫画・アニメ

アニメ放送25周年『カードキャプターさくら』に描かれた愛の形を読み解く〜必然に導かれる想い

SNSでの感想
【公式】『カードキャプターさくら』連載25周年記念ムービー(CLAMP)より © CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
目次
  • 知世の桜への想いは、「両想い」を望まぬ海よりも深い愛
  • 「仮の姿/真の姿」「偶然と必然」作品に描かれた愛の形を読み解くキーワードに注目

 今年でアニメ放送25周年を迎える、CLAMP原作の少女マンガ作品『カードキャプターさくら』。1996年より連載が開始され、魔法少女ものとして絶大な人気を誇り、国内外問わず多くのファンに愛され続けている作品だ

 本作は主人公・木之本桜の親友・大道寺知世の桜に対する想いや、桜の兄・桃矢と雪兎の関係など、1990年代に女児誌で連載していた作品として他に類を見ない先駆的な描写をしている。

 原作者のCLAMP氏いわく、「どんな愛の形がそこにあれど、それが当たり前になっているような世界を描きたかった」という。その言葉どおり、桜と同性である知世が彼女に想いを寄せていたり、また彼女らの通う小学校には、教師と交際をしている生徒もいたりする。

 男女間における恋愛、またそれに近い親愛・友愛、そして同性同士の慕情など、この作品に生きるキャラクターたちはのびのびと、誰にも咎(とが)められることなく描かれている。それが当時の女児向け雑誌『なかよし』(講談社)に、看板作品として連載されていた。そして現在、新章”クリアカード編”が連載中であり、今まさにクライマックスに差しかかろうとしている。

 そんな『カードキャプターさくら』に見る、ふたつの愛の形。木之本桜への大道寺知世の想い、月城雪兎をめぐる主要キャラクターたちの関係について考えてみたので、自分なりに言葉にしてみることにする

知世の桜への想いは、「両想い」を望まぬ海よりも深い愛

 主人公・木之本桜のいちばんの親友である大道寺知世。柔和でありながら、桜のことになるとなりふり構わぬ素振りを見せるコミカルな性格も垣間見せ、ファンからの人気も厚い彼女。まずは、その「知世」という名前に注目したい。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy