0416
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
BOOK

注目若手俳優・金子隼也「普通の子って、ちょっとコンプレックスに思ってた」等身大のらしさの原点

SNSでの感想
今回お話をお伺いした、金子隼也さん 撮影/相馬太郎
目次
  • 物怖じしない性格はある番組の企画がきっかけ
  • 『ウルトラマン』『天才てれびくん』2大作品が自身の礎に

 2023年3月27日に1st写真集『Be Myself』を発売する俳優の金子隼也さん。子どものころからバラエティ番組出演やモデルとして活躍した後、一度学業の道を優先するも、大学進学後に再び芸能の世界へ舞い戻りました。

 今春、大学を卒業し、俳優業に専念する金子さん。これまでの活動を振り返りながら、俳優・金子隼也さんを形づくっているものは──いまの心境を語っていただきました。

 後編ラストでは、特別企画「マネージャーさんに聞いてみた!」と称して、金子さんを良く知るマネージャーさんに魅力をお伺いいたしました!

(インタビュー前編では、3月27日に発売する自身初の1st写真集『Be Myself』の撮影秘話やプライベートのお話をお伺いしています→記事:俳優・金子隼也「こういう先輩像を見習いたい」俳優としての新たな境地

金子隼也さん 撮影/相馬太郎

◇   ◇   ◇

物怖じしない性格はある番組の企画がきっかけ

──もともと緊張しないタイプですか?

「いや、緊張はするときはするんですけど……でも現場で緊張することはなくなりました。今よりも、“天てれ”(『大!天才てれびくん』)のときのほうが緊張してました(笑)。当時はつらかったけど、今思えば、やってよかったなと思うコーナーがあって。

 地方ロケに行き、お題が書かれたカードを3つ出されて、例えば大阪だったら“ヒョウ柄の服を着たおばちゃんと、たこ焼きパーティーをして友達になる”っていう、一般の方とお友達になる企画があったんですけど、当時はそれがすごくつらくて。

 どの人に声をかけるか、というところから自分で決めなければならない。それで、実際にお声がけをし、企画趣旨を説明して、OKがもらえたら、そこでやっとスタッフさんが入ってくれる。その一連の流れを面白く撮っていただきました」

──まさに体当たりですね!

「そうなんですよ。当時は人見知りだったのですごく大変だったんですけど、今考えるとその経験があるからこそ、あまり物怖(ものお)じはしなくなったんだと思います」

──結果、そのたこ焼きはできたんですか?

「できました! あとは山梨に行って“女子大生とバームクーヘンを作って友達になる”とか(笑)。いまでも記憶に残っているくらい、とても緊張しました」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2