0226
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
あの時代

昭和の大スター・勝新太郎の豪快伝説。“おごる理由”と一流料亭での“イタズラ”

SNSでの感想
勝新太郎さん
目次
  • 高橋英樹さんが聞いた、勝新太郎さんの「おごる理由」
  • 一流料亭で、お店を驚かせた“ドッキリ”

 いまのように芸能界にコンプライアンスの概念があまり……というか、ほとんどなかった(?)昭和時代。

 芸能人、とくに銀幕の大スターともなれば、今ではとても考えられないような豪快な伝説を数多く残しています。

 今回はそんな「昭和の銀幕スター」を代表するひとり、勝新太郎さんのエピソードから、私が大好きな話をふたつ紹介します。

◇   ◇   ◇

高橋英樹さんが聞いた、勝新太郎さんの「おごる理由」

 時代劇『座頭市』シリーズなどで知られる、国民的な大スターだった勝新太郎さんは、とにかくお金の使い方が豪快でした。

 毎日のように飲み歩いていましたが、同じ店に居合わせた人たちの食事代も支払うなんて、日常茶飯事。お店で食事をしている、ほぼ全員分の食事代を支払って帰ることがよくあったといいます。

 俳優の高橋英樹さんがドラマの撮影の打ち上げで、スタッフたちを引き連れ、高級なお店で飲んでいたときのこと。

 偶然、店内で勝新太郎さんと鉢合わせしました。

「今日はどうした?」と勝さん。

「あっ、打ち上げでスタッフと来ています」と高橋さん。

 すると、勝さんは、ごく自然にこう言ったのです。

「そうなのか。じゃあ、今日の支払いは俺にツケておいてくれ」

 簡単に「ツけておいてくれ」といっても、お店はそれなりの高級店で、高橋さんがこの日連れて来ていたスタッフは、全部で30人ほどです。

“一緒に飲みに来たわけでもないのに、いくらなんでも”と思った高橋さんが、「いや、それは……」と丁寧に辞退の言葉を伝えると……。

 勝さんはニヤリとほほえんでこう言ったのだそうです。

「いいんだよ。会っちゃったんだから」

 カッコいいです。ハッキリ言って、勝さんにとっては「おごる理由」なんてどうでもいいんですね。

 相手が自分のスタッフかどうかも関係ない。

“いま、この場で、大スターである自分と一緒になったんだから、気持ちよくおごられてくれ……”と、そんな感じ。

 ちなみに、当時そんなことばかりやっていた勝さんの外食費(というか飲み代)は、1年で1億円を軽く超えていたそうです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 6
なるほど! 2
きゅん! 3
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 6
なるほど! 2
きゅん! 3