0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

峯村リエ、劇団時代は「ほぼ無給」「価値観がぶっとんだ」、試練だらけの下積み時代を振り返る

SNSでの感想
峯村リエさん。取材陣からの質問に一つひとつ頷きながら、胸の内を語ってくれた 撮影/矢島泰輔
目次
  • 水谷豊は「身のこなしが軽やか」池谷のぶえとのソックリ説にも言及
  • 演劇好きの母親との観劇の日々が“芝居人生”の原点だった
  • 演出志望から役者の道へ。「全然面白くない」と言われ──
  • ほぼノーギャラで働き、アルバイトと実家暮らしで乗り切った過去も
  • 憧れの芸能事務所への所属が転機に。舞台と映像では演じ分けている?

 演劇界のみならず、音楽シーンでも活躍する鬼才・KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さん(以下、ケラさん)が主宰する劇団『ナイロン100℃』(以下、ナイロン)。その看板女優のひとりであり、近年はNHK大河ドラマ『真田丸』、朝ドラ『エール』『あなたの番です』(日本テレビ系)など話題の作品でも活躍している女優・峯村リエさん

 2023年4月1日からは、東京・世田谷パブリックシアターで上演される『帰ってきたマイ・ブラザー』にも出演。水谷豊さんや段田安則さんといった実力派ぞろいの舞台で、どのような演技を見せてくれるのでしょうか。ご自身の半生を振り返りながら語ってもらいました。

水谷豊は「身のこなしが軽やか」池谷のぶえとのソックリ説にも言及

──現在、稽古中の『帰ってきたマイ・ブラザー』の現場はどのような雰囲気ですか?

「段田(安則)さんと(高橋)克実さん、(池谷)のぶえちゃんは以前にも舞台でご一緒させていただいたのですが、ほかの出演者は初めての共演なんです。堤(真一)さん、段田さん、克実さんは事務所の先輩ということもあって、会うとすごく緊張しちゃうんですよ。でも実際に稽古が始まってみたら、“こんなにも自由な人たちなんだ~”って、気が楽になりましたね

──ベテラン勢が多いですが、和やかな稽古場なのですね。

「“おじさん4人衆”(笑)が楽しそうなので、私たちはそれを見て笑っている感じですね。基本的には台本に忠実なのですが、高橋さんは台本にある台詞(せりふ)から外れない範囲でアレンジを効かせてすごく面白くしていて、さすがだなと思いました」

こちらがウワサの“おじさん4人衆”(笑)。現場はとても和気あいあいとしているという

──水谷豊さんは『相棒』シリーズなど、テレビドラマでの活躍の印象が強いですが、どのような方ですか?

水谷さんは、長い芸能生活の中でも、舞台は今回が3本目だそうです。キャストの中でも最年長で、台詞の量もいちばん多いくらいなんですが、誰よりも身のこなしが軽やかで、台詞覚えがものすごく早い! 何作も連続ドラマに主演されていると、(台詞を)頭に叩き込むスピードが上がるんでしょうね。コツがあれば教えてもらいたいです(笑)」

──池谷のぶえさんとは、ネット上で「顔が似ている」と話題になったことがありましたね。

「そうそう。私ものぶえちゃんの記事を見て、“あれ、なんで私が写ってるの!?”って、自分と間違えちゃったことがあるくらい(笑)。骨格が近いせいか、高めの声質も似ているんですよ。のぶえちゃんとはプライベートでも仲がいいので、改善案もすぐに伝え合ったりできて、やりやすいですね」

共演者の印象を楽しそうに語る峯村さん。それにしても、峯村さんと池谷のぶえさん、ご自身でも見間違えてしまうほどとは! 撮影/矢島泰輔

演劇好きの母親との観劇の日々が“芝居人生”の原点だった

──もともと、お芝居に興味を持ったきっかけは何でしたか?

「母親がすごく演劇好きで、小さいころから一緒に連れて行かれていたんですよ。記憶に強く残っているのが、『はなれ瞽女(ごぜ)おりん』(有馬稲子さん主演の舞台)を観に行ったとき、男性器をちょんぎるシーンがあって。子どもだったから、わけもわからず、“えっどうして?”、“あれはどこを切ったの?”と、大きな声で母に聞いてしまったんです。母は慌てて”シー!”って。あの話を子どもに見せる母親もすごいですよね(笑)。でも、母がいろいろな芝居を見に連れて行ってくれたおかげで、舞台が身近に感じられていたんでしょうね。“いつか私も演じる仕事がしてみたいな……”という思いは、心のどこかにあったのかもしれません

──お母さんは、峯村さんが出演される芝居を見たことはありますか?

「あります。やっぱり、母は身内にはすっごく厳しいですね。しかも、私が言われたら嫌だなっていう部分をついてくるんですよ。ダメ出しをくらうと、“わかっているけど、それができないんだよ!”って、ちょっとケンカになったりもしますが(笑)、だからこそ、母にほめられたときはすごくうれしいですね

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy