0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

美しすぎる54歳・中島史恵、シェイプUPガールズ時代の思い出は「マリオ風の衣装、フルマラソンを4時間で完走」

SNSでの感想
中島史恵さん。今も昔も変わらない、はつらつとした笑顔に元気をいただきました! 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 素人から26歳で芸能界デビュー、レオタードの衣装には「抵抗がなかった」
  • 全員でフルマラソンを完走!「側転でゴールする余力を残していました(笑)」
  • 食事・運動・睡眠を何より大切に。ヨガとの出会いで「新しい感覚が芽生えた」

 スリムなデニムを爽やかに着こなしてほほえんでいるのは、タレントの中島史恵さん(54)。「健康と美」をテーマとするタレントグループ『シェイプUPガールズ』として活動していたのを、覚えている人も多いのでは?

 2000年にグループとしての活動を休止してからは、ソロとして活躍。39歳で一度グラビアを引退しましたが、49歳にして復帰し、現在も年1回のペースで写真集やDVDをリリースしています。

 昔と変わらぬプロポーションで、50代のグラビアアイドルとして活躍中の中島さんに、デビューのきっかけとなった出来事や、グループ時代の思い出、人生を変えたヨガとの出会いなどを語っていただきました。

素人から26歳で芸能界デビュー、レオタードの衣装には「抵抗がなかった」

──芸能活動を始めたきかっけは何でしたか?

きっかけはスカウトだったんです。当時、渋谷のスポーツジムでエアロビクス(以下、エアロビ)のインストラクターをしていて、『SHIBUYA109』のあたりを歩いていたら、事務所(オスカープロモーション)の方から声をかけられて。ちょうどオスカーが、『C.C.ガールズ』('90年代に活躍した女性ユニット)の妹分にあたるグループを作ろうとしていたんです。今度のグループのコンセプトは“美と健康”。ちょうどジムに行こうとしていて、服装がカジュアルだったのがよかったみたい(笑)」

──路上でいきなりスカウトされて、不安などはなかったですか。

「向こうのひと言目が、“何か運動されているんですか?”だったんですよ。だから、あまり怪しく思わなくて。芸能界にはやっぱり憧れがあったというか、もう、スカウトされたこと自体がうれしかったんです。それまでは芸能活動もしたことがなかったし、長野に住む両親からは、すごく反対されましたね。でも2人の兄が、“せっかくのチャンスなのだから、やらせてあげたら”って親を説得してくれました

──デビューまではトントン拍子で進んだのですか。

「ありがたいことに、スムーズにデビューまで決まりましたが、芸能活動を始めた'94年のとき、私は26歳。周りのアイドルグループと比べると、わりと遅いデビューでした。しかも、メンバーの中にはすでにモデル活動などをしていた子もいたので、私みたいなまったくの素人は珍しかったと思いますね(笑)。何もわからない状態でスタートしたので、最初はグループでよかったです

──当時としてはハイレグの衣装など、露出が高めのものもありましたが、抵抗はありませんでしたか?

私はエアロビのインストラクターをしていたので、レオタードの衣装には抵抗がありませんでした。ただ、ほかのメンバーは、ファッション誌のモデルでおしゃれな服を着ることも多かったから、抵抗が大きかったみたいですね。あるとき、赤色と青色のスポーツブラを着ることになって、メンバーが“マリオみたいでイヤだな~”と言っていたのを覚えています(笑)

「すごく嫌な思い出って全然なくて、本当に楽しく活動させていただきました!」と当時の思い出を明るく語る 撮影/佐藤靖彦
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0