0723
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

ドラマ『全ラ飯』で共演する近藤頌利×ゆうたろうの関係「ずっと前からどこかでつながっていたんじゃないかって思う」

SNSでの感想
(写真左から)ゆうたろう、近藤頌利 撮影/吉岡竜紀
目次
  • 仲良しコンビ、現場ではゆうたろうが近藤をイジる場面も
  • 衝撃の“全裸飯”目撃シーン、その裏側は?
  • 「もし二人が一緒に暮らしたら?」
  • 今後、どんな関係性を築いていきたい?

 4月13日(木)から、カンテレローカルドラマ枠「EDGE」で、近藤頌利(しょうり)×ゆうたろう出演の『全ラ飯』(毎週木曜深夜0時25分~0時55分 ※初回は深夜0時40分~1時10分)の放送がスタートする。舞台を中心に活躍していた近藤がドラマ初出演にして初主演を飾ることでも話題に。

 全“ラ”飯とは、自分に正直に(=裸)、恋も(=Love)、人生も(=Life)、 生きること。近藤演じる金融庁に勤務するエリートサラリーマン・一条颯太には、夜、自宅マンションでひとり、すべてを脱ぎ捨て生まれたままの姿でご飯を食べるという「秘密の癖」があった──?

 ところがある日、この秘密の癖をゆうたろう扮する三木真尋に目撃されてしまう。そこから不器用で素直になれないふたりの“ムズきゅん”なやり取りがスタート。青果店を営む真尋は、颯太に料理の手ほどきをするようになり……。毎回、さまざまな海外のスパイスを使った世界の珍しい料理が登場することも見どころだ。

 同ドラマに出演するふたりにドラマの魅力を語ってもらいつつ、“もしふたりがシェアハウスで暮らしたら?”という妄想トークを繰り広げてもらった。

ゆうたろう、近藤頌利 撮影/吉岡竜紀

仲良しコンビ、現場ではゆうたろうが近藤をイジる場面も

──まず、同作のオファーが来たときの感想からお願いします。

近藤 『全ラ飯』のタイトルだけ聞いたときは衝撃を受けました(笑)。でもそれも最初だけで、スタッフさんから「もちろん全裸でご飯を食べます」と言われても「僕の裸でよかったらいくらでも脱ぎます」って感じで(笑)。

ゆうたろう 僕は裸に抵抗があったから、まず自分が脱ぐか脱がないかの確認だけはしました。結果、脱がないってことなので「ぜひ、やらせてください」と。でもそのときは相手が頌利くんと知らなかったので、ビックリしましたね。お芝居での共演は初めてなんですけど。

──ゆうたろうさんが出演するYouTube『ぼくたちのあそびば』に近藤さんがゲストで来たことがありましたよね。

ゆうたろう そうなんですよ。でも改めて役を通してコミュニケーションを取るとどんな感じになるんだろう、どんなお芝居をしてくれるんだろうって、頌利くんへの興味がすごい湧きましたね。自分の役以上に頌利くんへの興味が大きかった(笑)。

近藤 そうなんだ(笑)。でも実際、台本を読んだときと演じているときとでは違ってくるんですよね。動いていると、想像もしなかったゆうたろうの表情を目の当たりにするんで。普段は絶対そんな顔、僕にしてきませんから。それはすごく楽しかったですね。

ゆうたろう 頌利くんと演じる颯太って違う不器用さがあるのかなと思って。颯太を真尋がどんどん柔らかく包み込んでいくことで物語が進むんですけど、そこで見せる颯太の不器用さと、現場での頌利くんと。例えば監督さんたちが現場で「GS」(グループショット。引きの絵で登場人物全員をカメラで捉えること)とか言うんですけど、僕が「GSって何の略だと思いますか?」って頌利くんに聞いたら「ジェスチャースローモーション」って(笑)。

近藤 (苦笑)

ゆうたろう そういう頌利くんを僕は見たことがなかったので、「あ、これはイジれるな」と。

近藤 映像の現場では、舞台ではあまり耳にしない用語が飛び交うんですよ。

ゆうたろう わかります。僕も初めてのときはわからなかったから。でもそういうことで笑い合えるようなところは、颯太とは違う可愛さというか、人間味を感じましたね。すごいギャップでした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy