0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
雑学・教養

人気の脳科学者が教える、「脳の成長を止めてしまう驚愕・NGワード3選」と、使ってしまったときのリカバー方法

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 脳の成長の鍵を握る「脳内トーク」
  • 脳の成長を止める、危険な3つの言葉は?
  • NGワードを使ってしまったとき、この言葉でリカバーできる

 もし、口にしたり、頭の中で思ったりしただけで、「脳の成長を止めてしまう言葉」があるとしたら……。ちょっと怖いと思いませんか?

 しかも、その言葉が、決して特別な言葉ではなく、あまり意識することなく、普通に使ってしまいがちな言葉だとしたら……。

『80歳でも脳が老化しない人がやっていること』(アスコム社)などのベストセラーがある脳科学者の西剛志(にし・たけゆき)氏によると、口にしたり、考えたりしただけで「脳の成長を止めてしまう言葉」は実際にあるのだとか。

 今回は、西氏が指摘する、「脳の成長を止めてしまう、代表的な3つの言葉」と、うっかり使ってしまったとき、脳のリカバー方法についての話です。

◇   ◇   ◇

脳の成長の鍵を握る「脳内トーク」

 ここで、いきなり質問です。

「あなたが人生で、最も多くの回数、会話をしている相手は誰でしょうか?」

 えっ、親ですって? 違います。

 長年結婚しているからパートナー? それも違います。

 兄弟? 幼なじみの親友? いえいえ、どれも不正解です。

 答えは「あなた自身」!

 朝起きて、「まだ眠いな」「今日も会社か」「いい天気かな?」「今日は、朝イチで会議があったっけ」などなど。口には出さずに頭の中で思うだけでも、これらは全部、“自分から自分へ話しかけている会話”です。

 この“自分との会話”は、1日に何万回にも及ぶこともあるといいます。

 西氏は、この“自分との会話”を「脳内トーク」と呼び、その影響力の大きさを、ご自身の著書『世界一やさしい 自分を変える方法』の中で語っています。

 まず、その著書から「脳内トーク」で使ってしまうと「脳の成長を止めてしまう危険な言葉」のベスト3(ワースト3?)を紹介しましょう。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy