0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

“共感を呼ぶ”と話題の、ミーハーネタ満載のコラムは、考察にも定評があるとたびたびトレンドに。そんなコラムを書くのは、恋愛ドラマとエンタメが大好きなライター・菜本かなさん。これを読めば、今期ドラマのトレンドがバッチリわかる。おしゃまなコラムをお送りします!

ドラマ・映画・舞台

『花のち晴れ』放映から5年たってもTVer1位にランクイン! 沼落ち必至の魅力を徹底解説

SNSでの感想
ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)で共演したふたり。平野紫耀(左)、中川大志(右)
目次
  • 『花男』から『花晴れ』へ。時代の変化にマッチしたキャラクター
  • 晴と天馬くん、どっちといたほうが幸せ? 考察も楽しい!

 最近、ラブストーリーの“邪道”を攻めている作品が、むしろ“王道”になっている気がしませんか?

 いわゆる“当て馬”と呼ばれるポジションの男の子や、ヒロインの恋路をはばむ悪女(たいていは毛先をクルクル巻いている)が登場しなかったり、「結ばれるの確定!」と思われたふたりが、最終的に別れを選んだり、という作品が増えてきています。

 そんな中、久しぶりに『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系/以下『花晴れ』)を見返してみたんですよ。そしたら、“王道”っぷりがまぶしくてまぶしくて……。当時は何の違和感もなく見ていたはずなのに、令和のいま改めて見ると「なんか、落ち着く」って。

 なんだろう、安心して見られるんですよね。そこで今回の連載では、TVerで繰り返し配信され(現在も絶賛配信中)、5年以上たってもなお、ランキング1位に入る『花晴れ』の魅力、徹底的に解剖していきたいと思います!

◇   ◇   ◇

『花男』から『花晴れ』へ。時代の変化にマッチしたキャラクター

『花晴れ』は、『花より男子』の続編であり、F4卒業から2年後の英徳学園を舞台にした物語。どちらも神尾葉子さんが描いたお話なのに、ヒーローである道明寺司(松本潤)と神楽木晴(平野紫耀)のキャラが全然違うのが面白いですよね。

“リーダー格で無敵に見えるのに、実はちょっと抜けている”というところは似ているけれど、晴はどちらかというと気弱。道明寺が守ってもらいたくなるタイプだとしたら、晴は守ってあげたくなる男の子なんです。しかも、ケンカも強くない(道明寺は強かったですよね)!

 演じる平野紫耀さんのキュルッとした子犬系の瞳も相まって、余計に可愛さが強調されていました。

『花晴れ』は王道の少女マンガだけど、ヒロインがドSイケメンとくっつかないところは今っぽいなって。でも、晴は時折“オスみ”を出してくるからずるいんですよ(涙)。

 音の婚約者・馳天馬(中川大志)に、「好きな女の言ってること信じなくてどうするんだよ!」ってガチギレしたり、晴はとにかく欲しい言葉をくれる人だった。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy