0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
バラエティ

蛙亭・イワクラ「愛されるコツはいじられること」垣根を作らない人間関係の円滑ルール

SNSでの感想
今回お話をお伺いした、お笑いコンビ蛙亭・イワクラさん 撮影/相馬太郎
目次
  • 人付き合いのコツは、無理に友達を作らない
  • 先輩との接し方は、エルフ荒川から学んだ
  • 周囲との良好な関係性のために“きちんと寝る”
  • いじられる人は、愛されやすい

 吉本興業所属の男女お笑いコンビ・蛙亭。蛙亭といえば、2021年『キングオブコント』にて、決勝の舞台に初出場。人工生命体のネタでお茶の間をざわつかせ、テレビや劇場で幅広く活躍しています。

 そんな蛙亭のネタづくりを担当しているのは、宮崎なまりと飾らない姿が印象的なイワクラさん。

 イワクラさんといえば、テレビやラジオに出演したお笑い芸人のエピソードトークに、登場することが多く、交友関係が広い印象も。

 多くの人たちから愛される理由を探るべく、イワクラさん本人にインタビュー。インタビュー前編では、人付き合いをテーマに話を聞きました。

お笑いコンビ蛙亭・イワクラさん 撮影/相馬太郎

◇   ◇   ◇

人付き合いのコツは、無理に友達を作らない

──イワクラさんといえば、いろんな芸人さんのエピソードトークに登場するイメージがあります。オフのときは、どのような感じなのでしょう?

「飲みに行くことが多いんですけど、あまりしゃべらないですし、話を聞いているほうが好きなので、このままですかね。ただ、結構酔っ払ったときは、めちゃくちゃ早口で、口も悪くなって、悪口ばかり言っています(笑)」

──意外な一面(笑)。仕事とプライベートは人間関係をしっかりと分けたいという方もいらっしゃいますが、イワクラさんはそこはあまり気にせず、芸人さんと遊ぶことが多いのでしょうか?

「そうですね。でも、あまり“何つながりの友達”と、分けることがないので、ごちゃ混ぜになることもあります。この前なんて、地元の友達と、後輩芸人のエルフ荒川と一緒に飲みに行きましたから」

──そうなんですね! 単刀直入に聞きますが、ずばりイワクラさん流、人付き合いのコツを教えてください。

「うーん……無理に友達を作りにいかないということですかね。ひとりでいるのが寂しいからって、身の丈に合わない頑張り方をして、無理に仲よくしてしまうと、疲れてしまうと思うので」

イワクラさん 撮影/相馬太郎

──そう考えるようになったのは、なぜなんでしょう?

「高校に進学したときに、それまで一緒に過ごしていた友達と離れてしまったんですね。そんな中、周りはどんどん友達ができていって、内心焦っていたんですけど、私はみんなみたいに積極的に行けなくて。

 さらにいうと、クラスで自己紹介するときに“特技は第2関節を曲げることです”って気持ち悪い特技を披露したら、引かれちゃったんですよ。それもあって、さらに友達ができなくて。

 駅から高校までの道のりをみんなが友達と歩いている中、ひとりで歩くのも、無理やり誰かと行くのも嫌だったから、早歩きしたんです。10分かかるところを6分くらいのスピードで。そしたら“やばいヤツいる”って話題になったんですよね

──そうなんですね。

でも、入学してから1か月ほどたったときに、そういう私をおもしろがって“歩くの速すぎない?”って話しかけてくれた子がいました。それをきっかけに一緒に登校するようになったのですが、その子は今でも仲がよい、親友なんですね。

 出遅れちゃったときはしんどかったんですけど、“無理に友達を作ろうと背伸びしなくてよかったな”と、考えるようになりました」

当時披露した、指の第2関節を曲げる特技を見せてくれた 撮影/相馬太郎
イワクラさん 撮影/相馬太郎
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy