0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ヘルス

バラエティー番組で人気の印象評論家が教える「マスク依存はこんなにビジネスチャンスを逃している!」

SNSでの感想
※写真はイメージです。
目次
  • コンプレックスと準備不足をごまかしてくれる「マスク」
  • いちばん見られる顔のパーツは「目」と「口」
  • コンプレックスに注目されず、好印象を与えるには?
  • 印象評論家が教える、一瞬で印象を変える方法

 マスクの着用が個人の判断に委ねられるようになり、実質的なマスク解禁から、早くも2か月がたちました。

 実態としては、マスクをつけている人の割合がまだまだ多いようですが、IT企業の調査(リーディングテック社によるマスク着用の調査)によると、“顔を見られるのが恥ずかしい”という理由が、女性を中心に約3割を占めています。

 しかし、実はマスクをつけることで、「人との出会いや、ビジネスチャンスを逃している」と話すのは、テレビ番組などでご活躍している、印象評論家・美有姫さん。

 今回、美有姫さんに「マスク依存」から抜け出す方法や、その利点について伺いました。

今回お話をお伺いした、印象評論家の美有姫さん 写真/事務所提供

◇   ◇   ◇

コンプレックスと準備不足をごまかしてくれる「マスク」

──感染予防の理由がメインではありますが、マスク着用が個人判断に委ねられるようになっても、まだまだマスクをつけている人が多いと、先日ニュースで取り上げられていました。マスクを外さない人々の深層心理について、ふたつの理由があると言います。

ひとつめは、“準備不足の習慣化”です。例えば、顔のひげを剃るとか、メイクをするとか、いままでなら人と会うときには準備していたことが、マスクをすればやらずに済む。簡単に気が抜けるようになりました。

 ふたつめは、“コンプレックスの隠蔽化”です。ニキビやしみ、歯並びなど、自分がコンプレックスに感じていたことを、マスクがあれば覆い隠せることに気づいてしまったことです」

 特に、オンラインでの打ち合わせや授業で、自分の顔を目にする機会が増え、「よりコンプレックスな点を意識をするようになった」と言います。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy