0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
芸能

電線愛好家・石山蓮華がラジオの昼の顔に! 『こねくと』生放送に5時間密着して見えてきた愛されパーソナリティの素顔

SNSでの感想
石山蓮華さん 撮影/相馬太郎
目次
  • 『こねくと』リスナーの“輪”が増えるのがうれしい
  • でか美ちゃんとは友達感覚で波長がぴったり
  • 大ベテラン・町山智浩さんと爆笑トークも

 10歳から芸能活動を始め、俳優としてアニメ映画『思い出のマーニー』出演、タレントとして日本テレビ『ZIP!』出演など多方面で活躍している石山蓮華さん。

 フムフムニュースでは以前にも、電線を愛してやまない「電線愛好家」としての活動についてインタビューしましたが、この春、そんな彼女に大きな注目が集まりました。

 惜しまれながら2023年3月に終了した人気番組『たまむすび』の後を受け、月曜〜木曜午後1時から放送のTBSラジオ『こねくと』のメインパーソナリティに就任したのです。

「TBSラジオの昼の顔」という新たな肩書を持つことになった蓮華さんを中心とする、新番組の現場に密着しました。

『こねくと』リスナーの“輪”が増えるのがうれしい

 密着取材日に、蓮華さんがTBS入りしたのは11時40分ごろ。生放送の準備や打ち合わせに入る前に、「番組には慣れましたか?」と軽く尋ねたところ、「今まで気ままにだらだらと過ごしていたので、“明日も(放送が)ある”というのがうれしくて……。毎日が楽しみだなぁと」。

 電線愛好家としてラジオにゲスト出演した経験はあるものの、帯番組のメインパーソナリティに就任した喜びは隠しきれない様子。

「(ジェーン・スーさんの)『生活は踊る』や、(荻上チキさんの)『Session-22』はよく聴いていました。『タマフル』(=『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』)や『アフター6ジャンクション』を聴いて趣味の幅を広げられたし、菊地成孔さんの番組(=『菊地成孔の粋な夜電波』)は前口上がカッコよくて」

ラジオは大学生時代から聴いていた」という蓮華さんが聴いていた番組は、すべてTBSラジオ。この時点では、「TBSに気を遣っているのかな?」と思いましたが、実はそうではなかったことが後に判明することに。

 LINEのオープンチャットやYouTubeチャンネルでの生配信など、『こねくと』ではリアルタイムにリスナーと“こねくと(=つながる)”できるコンテンツが充実。今回の取材を“こねくと”していただいたTBSラジオの赤木舞子さんも、「反響がスゴいですね」と手ごたえを感じています。

「海外の方からも“YouTubeチャンネルを観ています”という声が届きます。LINEのオープンチャットも温かくて心の栄養補給になっていますし、リスナーさんの“輪”がいろいろな場所で広がっているのがうれしいです」(蓮華さん)

生放送前の打合せ風景。本日の進行内容を事前にチェック 撮影/相馬太郎

 12時にスタジオに入って準備する蓮華さん。取材日が火曜だったので、曜日パートナーのでか美ちゃんも合流。この日が顔を合わせてまだ3回目だったにもかかわらず、年齢がわずか1歳差ということもあってか、会話も自然と弾むようです。

 この日放送するコーナーの内容を放送順に確認していると、番組内で気象情報を伝える気象予報士の池田沙耶香さんが挨拶に。そこで池田さんが、でか美ちゃんにハロー!プロジェクトグッズをプレゼント。大のハロプロヲタである、でか美ちゃんのテンションはすでに頂点に達していました。

 軽食をつまみつつ、入れ替わり立ち代わりスタジオに入るスタッフと打ち合わせをする蓮華さん。生放送だから慌ただしく緊張感いっぱいかと思いきや、全体的に和やかで、かつ笑顔も絶えない舞台裏でした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy