0522
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
芸能

「赤江さん、スーさん、宇多丸さんに学びたい」リスナーと伴走する『こねくと』石山蓮華の“TBSラジオ愛”

SNSでの感想
石山蓮華さん 撮影/相馬太郎
目次
  • ラジオはTBSしか聴いていなかった
  • パーソナリティに選ばれた理由は「ヒマそうだったからかな」
  • 生活に伴走する番組を届けられるパーソナリティに
  • 大役のプレッシャーを感じさせないノリのよさ

 2023年4月にスタートし、好評のTBSラジオ『こねくと』(月曜〜木曜午後1時)のメインパーソナリティを務める電線愛好家・俳優・文筆家の石山蓮華さん。前回の記事では番組の生放送に密着し、楽しい舞台裏をお伝えしましたが、放送終了後、あらためて蓮華さんにインタビューを行いました。

石山蓮華さん 撮影/相馬太郎

ラジオはTBSしか聴いていなかった

──本日の放送の感想は?

「(曜日パートナーの)でか美ちゃんとは、よく会ってる友達みたいに感じていて、オープニングトークは安心しすぎてしゃべらなくなりそうになったので、来週はもっとしゃべろうかなと。同世代で同性なので、ファミレスでずっとしゃべってる気持ちになりますね」

──番組がスタートして1週間たちましたが。

「1週間たったなりの慣れ方をしているなと。初週はもっと緊張していた部分が、1週たって同じことをすると、あまりビクビクせずにできるようになった部分が増えた気がします」

──具体的には?

「時報までにうまく(コーナーを)まとめるというのが、初週は全然できなかったんですが、でか美ちゃんが協力してうまくまとめてくれたのがとても心強かったです。ゆくゆくは時計を見ずに、感覚でできたらいいですね」

──あらためて、曜日パートナーさんの印象を教えてください。

「月曜の菅(良太郎)さんは本当に優しくて、どっしりと構えていてくださってます。私が(プライベートで同居している)パートナーについて話したときに、“あっ、石山さんがうっかり言っちゃったのかな”と察して、友達ですね、と言い換えてくれたり。その後、“隠さずに話そうと思っているんです”と言ったら、そこを尊重してトークに乗せてくださいました。週の初めってどうしても『よし、頑張らなきゃ』という感じがあるんですけど、菅さんと一緒だと、穏やかに“いい風”を楽しんでいける気がします。

 火曜のでか美ちゃんはとにかく機転が利く方。町山智浩さんを相手にしても、ツッコむべきポイントでは嫌味なく愛を持って『ジジイ』と言える。この絶妙なバランス感覚を持つ人ってなかなかいないと思います。でか美ちゃんがパートナーで本当によかったです。

 水曜の東京03の飯塚(悟志)さんは面白くて、温かい方です。(コントでは)ツッコミ役の方なので最初はビビっていたんですが、初週からすごく楽しくて、ケラケラ笑っている間に終わっちゃいました。初週の放送前には、シャケのおにぎりを食べていたのをジェーン・スーさんにイジられるという可愛らしさも持つ先輩ですね。

 木曜の土屋礼央さんは、もともと(出演していた)ラジオをずっと聴いていたこともあって、勝手に『よく知っている人』という印象。ラジオリスナーって話し手との気持ちの距離感が近くなる気がするので、ついつい『近所の礼央さん』みたいな感じでお話しできます。礼央さんには“ツッコまれてこそ生きるよさ”があると思うので、ラジオの大先輩ですが、これからは私からもツッコめるような関係性を築けたらいいなと」

──聴いていたラジオ番組を放送前にいくつか挙げてくださいましたが、やっぱりTBSが多かった?

「(きっぱりと)逆にTBSしか聴いてなかったですね

──TBSラジオならではの魅力ってありますか?

「そうですね……やっぱりあったかいというか、私にとっては安心して聴けるんですよね。話し手の感覚だったりとか、リスナーとパーソナリティとスタッフ、みんながひとつのクルーになって、ラジオを楽しんでいるのが番組の中から聴こえる気がして好きです

 ラジオを聴くことが習慣になっていて、家事をするときなどに“このコーナーが始まったら次は洗濯しようかな”みたいな感じで、生活になじんでいます。耳で聴きながら1日を伴走してくれるメディアだと思いますね」

「TBSラジオさんの(キャスティングの)人選がすごい。打てば響く的に、聞いたら答えてくれるし、話させてくれる。大船に乗った気になれてすごく安心します」と各曜日パートナーを絶賛 撮影/相馬太郎
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy