0713
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
臼井孝の「大人ポップス聴き語り」

昭和の歌謡曲から平成・令和のJ-POPの時代まで、時を超えて語り継がれる名曲を創りあげてきたアーティストや作家などのMusicmanにスポットを当て、懐かしい歌も知らなかった歌もじっくり聴いてみたくなるようなインタビュー・コーナーです。

芸能

元・光GENJIの“仲良しコンビ”が大先輩・植草克秀のステージに出演! イメージカラー決定の経緯も明かす

SNSでの感想
山本淳一さん(写真左)、佐藤寛之さん(同右)。若かりし日と変わらぬ体型を維持しているというから、さすが! 撮影/矢島泰輔
目次
  • 佐藤寛之×山本淳一ペアはジャニーズJr.時代から仲良し
  • イメージカラーはジャニーさんとメリーさんからのご指名で決定
  • 2011年には諸星和己とともに復興支援チャリティーに参加
  • 植草克秀との共演のきっかけは? 先輩の横で踊れるのは“胸熱”

 2023年5月2日から、少年隊・植草克秀のソロ・コンサート『KATSUHIDE UEKUSA 2023 MOVING ON~Second Season~』が東京・日本橋三井ホール、名古屋・DIAMOND HALL、大阪・なんばHatchにて開催される(全9公演)。

 そして、このステージに、ジャニーズ時代の後輩だった元・光GENJIの佐藤寛之と山本淳一がゲストとして出演することとなった。すでに3人が関係するSNSにて、今回のリハーサルにまつわる投稿や生配信が行われていることを考えると、どうやら“1曲だけ軽く歌って”というレベルの出演ではないことが容易に想像できる。

 そこで佐藤寛之と山本淳一に、この公演に向けた意気込みや、光GENJI時代のエピソード、楽曲に対する思いなどを3回に分けて詳しく語ってもらうことに! インタビュー第1弾では、ふたりの関係性やゲスト出演が決まるまでの経緯を中心に明かしてもらった。

佐藤寛之×山本淳一ペアはジャニーズJr.時代から仲良し

 まずは改めて、'23年現在のふたりの肩書きから尋ねてみた。

佐藤寛之(以下、「佐」)「僕は、音楽メインの“アーティスト”ですね。全部が自作というシンガーソングライターというわけではありません」

山本淳一(以下、「山」)「僕の場合は、ライブもやりますが、バラエティー番組にも出るので、“マルチタレント”ですかね。今はもう、プロレスラーではありません(笑)」

 そういえば山本は'16年ごろ、突如としてプロレス・デビューを果たしていた。

「ジャニーズ事務所に入りたてのころに、ジャニー(喜多川)さんに指示されて、新日本プロレスに通っては山本小鉄さんのご指導のもと、スクワットや腹筋をしていたんですよ。プロレス自体は小学生のときから好きだったし、選手の方たちが光GENJIのデビュー曲『STAR LIGHT』を入場曲に使ってくださったこともあったので、一度やってみようと思ったんです」

 彼らが所属した光GENJIは、グループ全体で最大6学年の差があったのだが、佐藤と山本は1学年違いで、はたから見ても当時から良好な関係性に思えた。実際にはどうだったのだろうか。

「ジャニーズJr.のころから仲良くしてもらっています。入所時期的にもヒロくんのほうが大先輩ですが、気づいたら同じグループでデビューすることになっていました」

「全国ツアーや海外ロケでホテルに泊まるときも、僕たちふたりがツインになることが多かったですね」

自然とお互いのほうに身体を向け合うふたり。仲睦まじさが伝わってくる! 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy