0414
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ゲーム・ネット

FPSゲームで世界3位に輝いた日本代表!FPSを盛り上げてきたOooDaさんが横浜アリーナで号泣した理由

SNSでの感想
ゲームキャスターのOoodaさん 写真は本人ご提供
目次
  • 「ゲームが仕事になる」の歴史
  • 遅れをとっていた日本チームが世界3位まで躍進
  • VALORANTの世界大会が日本で開催決定

「ゲーム」をスポーツとしてとらえた競技の総称である「e-Sports」。2025年には国内のファン数(観客動員数など)が1200万人を超えることが予測されているが、シーンの盛り上がりに欠かせないのが、ゲームの実況と解説を行う「ゲームキャスター」の存在だ。

 取材を行ったのは、ゲームキャスターとして活躍されるOoodaさん。前編ではゲームキャスターになる前のOoodaさんのお話を聞かせてもらった。

【前編→『VALORANT』国際大会、日本開催が決定!ラッパー、映画監督を目指していたOooDaさんが"ゲームキャスター"という職業の第一人者になれた理由

 キャスターになる前の自分を「いろいろなことから逃げてきた」と語ったOoodaさんが “本当に好きなものを続けた”先に感じたこととは。後編である今回は、歴史的快挙となった日本代表チームの躍進と、FPSゲーム『VALORANT』公式大会発表時に見せた涙のワケ、FPSシーンを引っ張ってきたOoodaさんのこれからについて伺った

「ゲームが仕事になる」の歴史

──今はe-Sportsってオフラインのスポーツとの垣根がだんだんなくなってきていますが、10年くらい前は「ゲームばっかりやっちゃダメ」という風潮でしたよね。OooDaさん自身が逆風のようなものを感じたことはありますか?

「う~ん、僕はなかったですが、選手のみんなはあったでしょうね。昔はゲームで食っていくということが成立しなかったので親にも反対されたでしょうし。バイトしながらゲームするのも後ろめたさがあったかもしれません

 でも今はプロチームができて大きなスポンサーがついて、世界大会も増えました。それとSNSや配信媒体ができて稼げるようになった。だからだんだんと“ゲームで飯を食っていく”って言いやすくなってきましたよね

──この流れは急速に来ましたよね。最初にプロゲーマーという職業で活動したのってどなたなんだろう……。

はじめは格闘ゲームの梅原さん(※)だと思いますね。その後、2000年代末にシューティングゲームでプロチームができました。当時は大会もいくつかはありましたけど、優勝しても賞金は出ず、粗品が配られるという感じでしたね。そのくらい予算がなかった。

 2013年くらいからプロチームが増えてきたんですけど、そのときはまだフルタイムでお金を払うことはできなかったと思います。最初にフルタイムで選手を雇用して給与を支払ったのはDetonatioN(現・DetonatioN FocusMe)というチームでした

※梅原大吾:1990年代より主に2D型格闘ゲームであらゆるタイトルを獲った、世界的に有名なプレイヤー。

──OooDaさんはDetonatioNとは関わりがあったんですか?

「僕も創設した1年目のときはDetonatioNに在籍していましたね。実況だけでなく、練習に混ぜてもらったり、スポンサーに営業したり……いろいろ協力していました」

──プロとしての最初の世代ですね。

「そうですね。DetonatioNが転機になって他のチームもプロゲーマーにフルタイムで給与を支払うようになり、だんだんとプロゲーマーという職業が確立されたのかなと。その時期に創設したチームが今の状況を牽引しているのは間違いないです」

──まさに当時のメンバーが今の日本のe-Sportsの基盤を作ったわけですよね。ただ黎明期である当時は、資金的にも恵まれた状況ではなかったと思います。

「そうですね。今ほど一般企業のスポンサーは獲得できなかったです。当時はゲームの大会とシナジーのあるPC周辺機器・マウスのメーカーに必死に営業をかけてスポンサーになってもらったり……。チームオーナーの方々の“ゲームを広めたい”という愛がすごかったんだと思いますよ

 そこからYouTubeなどの配信プラットフォームができて、一気に“ゲーム配信”という文化が浸透していくんですけど、これが大きかったです。広告効果としての価値が生まれたので、スポンサーの数も増えて大会のサイズもデカくなっていきました」

──その流れと比例してOooDaさんのお仕事も大きくなっていったと思いますが、キャリアとして転機となった仕事とかありますか?

それはもう2017年に出たPUBG(※1)一択でしょうね。当時、PUBGはFPSゲーム(※2)としては世界中で圧倒的に人気でした。“PUBGによってFPSの知名度がいち段階上がった”ってくらいのインパクトがあったと思います。“PUBGがきっかけでPCを買った”という方もたくさんいますしね。今はたくさんのファンがいるSHAKAさんや関優太さんといった配信者の方もPUBGで人気が爆発した。僕としてもPUBGの大会で実況させてもらえたのは、大きなステップアップでした

※1 PUBG Studiosからリリースされている韓国のバトルロイヤルゲーム。2023年4月現在、販売本数は世界5位という大ヒット作。

※2 ファーストパーソン・シューティングゲームの略。一人称視点で戦うゲームの総称。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 5
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 5
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0