0522
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
バラエティ

【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】絶体絶命! 本番中に思わず「カメラを止めて!」と言いそうになった「砂地獄早押しクイズ」

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 人間ドキュメンタリーである以上、カメラは止めない
  • 押しても、押しても、早押しボタンが反応しない!

 かつての大人気番組、『アメリカ横断ウルトラクイズ』(以下、ウルトラクイズ)。その第10回大会(1986年)で、決勝まで行かせていただいた私の体験から、裏話をお話しします。

 今回は、本番中、私が本気で“これはマズイ”と思い、スタッフに「カメラを止めてください!」と申し出ようかと思った話。

人間ドキュメンタリーである以上、カメラは止めない

 ウルトラクイズでは、いったん収録が始まると、勝負がついて敗者が決まるまで、撮影が中断することはありません。テレビ番組の収録中によくある、「はい、いったんカメラ止めまーす」がないのです。

 それは、スタッフによればウルトラクイズが“クイズ番組である”と同時に、“人間ドキュメンタリー”を目指しているため、カメラを止めることによって、チャレンジャーが“素”の状態に戻ってしまうのを避けているからなのだとか。

 なのですが……。

 私は、第10回ウルトラクイズに参加していて、一度だけ本気で「カメラを止めてください!」と、スタッフに申し出ようかと思った瞬間がありました。

 それは、エルパソから車で2時間ほどの所にある、ニューメキシコ州の広大な白い砂漠「ホワイトサンズ」で行われた、その名も「砂地獄早押しクイズ」でのこと!

 実はここ、大昔は海底だったとのことで、白い砂のように見えるのは、「塩(が主成分)」なのです。そんな巨大な「塩の砂場」で行われたのが、大きな砂時計を使ったクイズでした。

 解答席の30メートル後ろにある小高い丘の上には、チャレンジャーの人数分の大きな砂時計が……。砂時計は高さが胸元くらいまであり、上部が開いていて、そこから砂を補充できるようになっています。

 チャレンジャーは手で砂をすくって、そこに入れる。下の穴からはすごい勢いで砂が落ちていて、この砂が落ちている間だけ、早押し機のボタンに電源が入るという仕組みなのです。

 つまり、砂時計に砂を入れても、回答席に戻って早押しボタンを押したときに砂が尽きていれば、ボタンは反応してくれないというわけです。ルールは2点先取で勝ち抜け。

 ここで、なぜ私は「カメラを止めてください!」と言いそうになったのか?

 それは、砂時計の砂の出口である下の穴がつまって、まったく砂が落ちなくなってしまったからです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy