1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】決勝進出者がニューヨーク上空で体験! ほぼ命がけの撮影フライト

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 空撮といえば、ヘリコプターだったあの時代
  • ニューヨークの上空で見た、命がけの撮影

 かつての大人気番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』(以下、ウルトラクイズ)。その第10回大会で、決勝まで行かせていただいた私の体験から、これまで6回にわたり、ウルトラクイズ裏話をお伝えしてきました。

●第1弾:伝説の『アメリカ横断ウルトラクイズ』、砂漠を歩いて帰るなど、罰ゲームの“裏側”

●第2弾:「会場付近で3時間待機」「本番前はずっと目隠し」、『アメリカ横断ウルトラクイズ』準優勝者が明かす収録の“謎”

●第3弾:伝説の番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』に台本はあったのか!? 準優勝者が語る“撮影秘話”

●第4弾:『アメリカ横断ウルトラクイズ』準優勝者、ニューヨークのホテルで起きた“事件”を激白!

●第5弾:【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】第10回の準優勝者が、NYでの決勝前夜に司会の福留功男アナと話したこと

●第6弾:【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】挑戦者たちの食費はタダだった? メニューは? 気になる“食事情”

 今回は、その第7弾。ウルトラクイズのクライマックスである、ニューヨークでの決勝戦に進出したふたりを乗せたヘリコプターが、映画の『007』のテーマ曲とともに摩天楼の上を飛ぶ、あの名場面の裏話です。

空撮といえば、ヘリコプターだったあの時代

 最近のテレビ番組を見ていて、つくづく思うこと。それは、「ドローンの登場によって、空撮が安上がりになったなぁ」ということです。

 何しろ、私が第10回のウルトラクイズに参加したのは、1986年のこと。

 ドローンを番組の撮影に利用するなどとは、誰も発想していなかった時代です。

 砂漠にそびえたつ“メサ”も、ナイアガラの滝も、空からの絵を撮るためには、すべてヘリコプターをチャーターし、カメラマンが乗り込んで撮影をしていました。

 クイズの問題文が入った封筒を、砂漠や平原などの広大な土地の上空からまいて、それを挑戦者たちが走って拾ってきてからクイズに解答する、という“バラマキクイズ”も、わざわざヘリコプターをチャーターして封筒をバラまいていたのです。

 想像するだけでも、「製作費がかかったなぁ……」という思いです。おそらく、1回の空撮費用で、現在のテレビ番組の数回分は制作できたのではないでしょうか。

 これが現代なら、ドローンで全部できてしまうのですから、本当に便利になったものです。

 さて、ウルトラクイズの空撮といえば、ニューヨークでの決勝戦の直前のあのシーン。挑戦者を乗せた2台のヘリコプターが、摩天楼の上空を飛ぶという場面が、最も印象的でしょう。

 かつて、ウルトラクイズをテレビで見た私は、あの場面に果てしないロマンを感じました。そして「いつか、ウルトラクイズに出て、あのヘリコプターに乗りたい!」という夢……というか“野望”を抱いたのでした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 3
なるほど! 2
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 3
なるほど! 2
きゅん! 0