0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

宮沢氷魚の意外なイチメンは、ハードチーズを好み、クッキーやアメリカのイベント食も手作りする料理男子♪

SNSでの感想
宮沢氷魚さん 撮影/junko、ヘアメイク/吉田太郎(W)、スタイリスト/庄将司
目次
  • 散歩しているときが自分に戻れる時間
  • 時間がたって、演じた役のことがクリアに見える
  • フランス産のチーズは「いい意味で大雑把」
  • アメリカの一大イベントメニューを手作り♪

 今年の3月に、約7年間専属モデルを務めた雑誌『MEN’S NON-NO』を卒業し、俳優としての活動をますます広げている宮沢氷魚さん。インタビュー前編では、5月26日に公開の主演映画『はざまに生きる、春』についてお話を伺いました。後編では、宮沢さんが自分に戻れる時間の過ごし方や、最近作ったアメリカの定番メニューについてなど、プライベートのお話もたくさんしていただきました!

散歩しているときが自分に戻れる時間

──映画『はざまに生きる、春』で演じた屋内透は、発達障がいという面も持ちつつ、画家という表現者でもありました。透にとって絵を描くことは「自分らしさを保つもの」であるように、宮沢さんにとって自分らしくいられるものや時間はありますか。

 僕も版画をやっているので、透にとっての絵に近いものを感じています。自分で描いた絵を彫って、プリントしたものをデザインしたトートバックなどのグッズも作っているんですけど、その時間は作業に没頭して他のことを考えられないくらい集中できるんです。

宮沢氷魚さん 撮影/junko

──役者の方は、常に「誰か」を演じるために勉強されたり、役のことを考えたりして、自分に戻る時間を作るのが難しいお仕事かと思うのですが、宮沢さんが「いつもの自分」に戻れるのはどんなときですか。

 散歩しているときが一番自分に戻れるような気がします。最近はちょっと忙しくてあまり歩けていないんですけど、撮影が続いてスタジオにずっといると、外の空気や太陽の光をほとんど感じなくなってしまうので、なるべく外に出たいんですよ。

 以前、すごく煮詰まっていたときに「ちょっと外を歩かないと!」と思って歩き始めたんですけど、気がついたらすっごく遠いところまで歩いていて。帰る道も覚えていなかったし、時間も遅かったのでどうしようかと……。

──その後、どうされたんですか?

 電車で帰りました(笑)。そのときは、歩きながら仕事のことを考えたり、急にボーッとしたり、途中でベンチに座ったりして、気づいたら「こんなところ、来たことない!」って焦りました(苦笑)。でも、きっとあのときはそういう時間が必要だったんだなと思います。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 8
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 8