0224
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

『あなたがしてくれなくても』陽一の不倫相手、さとうほなみ(ほな・いこか)演じる三島が“脱・恋愛体質”で成長

SNSでの感想
さとうほなみ(ほな・いこか/左)、永山瑛太(右)
目次
  • 「こわ!」第8話、まずは冒頭の地獄の3分間に戦慄
  • 登場した当初は、さっぱりとした女性に映った三島結衣花だが
  • 好きな相手のタバコをねだる三島に衝撃! 実は完璧な恋愛依存体質女だった
  • 第7話の名言は、自分かわいさから出た部分もあるのでは
  • 「人の心を殺した」ことを知ったことが三島を変えた
  • 三島には真のイイ女になる可能性が。メインの4人はさらにドロドロに

 セックスレスという一見、色眼鏡で見てしまいがちな、そして際どいテーマをフックに、その実、夫婦関係の深いドラマを描いて、さまざまな考えを巡らせてくれるドラマ『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)。

 6月1日、第8話が放送され、主軸となる2組の夫婦の脇で、さとうほなみ(ほな・いこか)演じる三島結衣花のエピソードが区切りを迎えた。

「こわ!」第8話、まずは冒頭の地獄の3分間に戦慄

 「ヒイ、怖くて泣いちゃう」と悲鳴が出てしまうほどの、戦慄の幕開けだった第8話。本作は、主人公で建設会社の営業課で働く32歳のOL・吉野みち(奈緒)と、その夫でカフェ店長の陽一(永山瑛太)、みちの上司・新名誠(岩田剛典)とその妻でファッション誌副編集長のバリキャリ女性・楓(田中みな実)の2組の夫婦を通して、夫婦のあり方や関係性を見つめていくドラマだ。

 第8話、誠とみちの関係を知り、会社に乗り込んできた楓が、みちと喫茶店で対峙(たいじ)した。“砂時計”が置かれたテーブルでティーカップの音が響くなか、地獄の3分間が流れたが「たかがレス(セックスレス)で」の楓のひと言をきっかけに、火蓋(ひぶた)を切ったみちの逆襲など、見どころだらけの3分間だった。

登場した当初は、さっぱりとした女性に映った三島結衣花だが

 そうしたメインのストーリーはもちろん、第8話は三島のエピソードも見ごたえがあった。三島といえば、陽一が店長を務める喫茶店のすぐ近くの工事現場の警備員として、陽一に“おじさん”に間違われて登場した女性。

 このときすでに、疲れた身体にコーヒーをサービスしてくれた陽一に、多少なりとも三島は惹(ひ)かれていたのだろうが、当初見ていたこちらには、恋愛含め、さっぱりとどんな場所でも自由に、ひとりで強く生きている女性に映った。

 第2話で最初に陽一とキスした際の、陽一の「帰る」という言葉への反応も(「やっぱ、正直者だ。」と敬礼をして、あっさりと帰宅したかのように見えた)、さっぱりした人なんだろうと思わせた。感情に任せてキスしてしまうことこそあれ、そこに引きずられることはないのだろうと。

 陽一と距離を縮め、ついに関係を持ち(第3話)、逆にみちへの愛を再確認した陽一から「なかったことにしてもらえないかな」と、なんともヒドイ言葉を投げられても「いいですよ。私もそのつもりだったんで」と応じた三島(第4話)。しかしそれは、さっぱりしたイイ女という仮面をかぶった彼女の強がりだった。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0