0720
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

映画『交換ウソ日記』桜田ひよりから見た「さすが座長」高橋文哉と、自身のタイプは“ロールキャベツ男子”

SNSでの感想
今回お話を伺った桜田ひよりさん 撮影/矢島泰輔
目次
  • 勘違いから始まった交換日記──映画『交換ウソ日記』
  • 胸キュン満載! イチオシのシーンと、希美とクロスオーバーした点
  • 忙しい桜田さんのプライベートルーティーン

 俳優・高橋文哉さんが主演を務め、ヒロインに桜田ひよりさんを迎えた初共演映画『交換ウソ日記』が7月7日より全国公開されます。公開に先駆けて、桜田ひよりさんに単独インタビューを敢行!

 役柄や撮影現場の様子、胸キュンポイントに加えて、桜田さんのプライベートにも迫りました。

映画『交換ウソ日記』で黒田希美役を演じた、桜田ひよりさん 撮影/矢島泰輔
桜田ひよりさん 撮影/矢島泰輔

◇   ◇   ◇

勘違いから始まった交換日記──映画『交換ウソ日記』

 桜田さんが演じるのは、高校2年生の黒田希美。ある日、移動教室の机の中に「好きだ!」と書かれた手紙が入っているのを発見。

 送り主は高橋文哉さんが演じる、学校イチのモテ男子・瀬戸山潤。戸惑いつつも返事をげた箱に入れたところから、交換日記が始まる。ところが、それらは希美の親友に宛てたものだった──。ヒミツの交換日記から始まる、切ない片思いの行方は──!?

──今作で恋愛映画のヒロインに初挑戦、出演が決まったときの心境は?

 驚きもありましたが、同世代の方とお芝居できる貴重な作品なので、期待とワクワクで胸がいっぱいでした。昔から大人の方々との共演が多かったので、同世代から刺激を受けられるのが楽しみのひとつでした。

──久しぶりに制服に袖を通した感想は?

 ドキドキしましたね〜(笑)。卒業してから制服を着られるのって、この仕事の特権。茅島みずきちゃんが当時はまだ高校生だったので、現役高校生と横に並ぶのはこんなにも勇気がいるんだと思いつつ(笑)。でも“みんな着てるから怖くない”精神で、楽しんで着ました。

──とてもお似合いでした!

 本当ですか!? よかった。嬉しいです(笑)。

──今回初共演の高橋文哉さんの印象は?

 高橋さんは、座長としてすごく責任感が強い方だなと思いました。私は(人の話を)聞くほうが好きで、あまり自分からしゃべることができないんです。

 でも高橋さんはそれをわかってくださって、積極的にしゃべりかけてくれたり、他の共演者にもご自分から積極的に話しかけたり。“さすが座長!”って思いましたし、コミュニケーション能力がすごく高い印象です。

──予告にもありますが、瀬戸山は堂々とした印象で、役柄と実際のお人柄とは少し異なるように見えました。

 そうですね、瀬戸山くんの役が思ったことをすぐ口にする性格な分、きっと役から勇気をもらって、いろいろな方にしゃべりかけていたと思うんです。私自身は、高橋さんとのシーンで重要な場面がたくさんあったので、希美としてもすごく心を揺さぶられるというか。

 希美がいちばん緊張しながらしゃべる相手なので、女友達と一緒にいる姿とはまた違う二面性を引き出せるのは、瀬戸山くんしかいない。そういう部分も信頼関係のもと、築き上げました。

 胸キュンシーンも、見る角度によってまったく違う映りになるので、カメラマンさんと監督を含めて、いちばんうまく撮れる角度を試行錯誤しながら撮影しました。希美のほっぺを瀬戸山くんが“むにゅ”ってするシーンも、どの“むにゅ”がいいかを探りました。

愛らしいルックスときゅるんとした瞳に、思わず吸い込まれそうになる 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy