0613
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#10】万太郎vs高藤の決戦を前に、寿恵子の母まつの「報・連・相」が心配だ

SNSでの感想
『らんまん』で寿恵子の母・まつを演じる牧瀬里穂
目次
  • 寿恵子に言い寄る高藤のしたたかな手口
  • 万太郎のプロポーズ予告を伝えないのは、まつの戦略?

 『らんまん』第10週、万太郎(神木隆之介)は印刷所で働き始めた。石版印刷の技術習得に向け、前進している。寿恵子(浜辺美波)は万太郎のことを「前だけを向いている人」だと言っていた。深い台詞が満載で、脚本の長田育恵さんの意志が伝わってくる週だった。

 長田さんは『らんまん』で、時代の変革期に生きる庶民の強さを描こうとしているのだと思う。万太郎もお金持ちだが、権威ではない。お坊ちゃんの万太郎にはこれから、権威でないがゆえの困難が待っている。でもそれを跳ね返すだけの健やかさがあり、今は強さを絶賛習得中。そんな様子が伝わってきた。寿恵子もそんな万太郎の生き方を理解し、意志を持って伴走する。大きくはそういう方向だろう。

 と、ここまでは理解したのだけど、ひとつ疑問が。万太郎も、寿恵子の母・まつ(牧瀬里穂)も、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」が苦手なのはなぜなのだろう?

『らんまん』で寿恵子の母・まつを演じる牧瀬里穂 撮影/高梨俊浩

 そのことを書くために、9週のおさらいから。万太郎は最後、まつのいる和菓子屋・白梅堂に行った。「わしはわしにできる一番の速さで、お嬢さまを迎えに来たい」。そう宣言し、するべき仕事を終えるまではここへは来ないと告げていた。それに対しまつは、娘は17歳、いい縁があればそちらを優先すると言い、万太郎は「そのときはあきらめる」と返していた。つまり「プロポーズ予告」を、双方が認識し合う。そういう展開だった。

 それなのに、何故かまつは「万太郎はしばらく来ない」とだけ寿恵子に伝える。そこに「玉の輿(こし)派」のみえ(宮澤エマ)がやってきて、実業家の高藤(伊礼彼方)と寿恵子の親密さが話題になっていると話す。すると「相手はお寿恵に決めさせる」とまつは言う。つまり高藤=ベストの相手とは判断していないし、万太郎に魅かれている寿恵子の気持ちもわかっている。それなのになぜ、「プロポーズ予告」を寿恵子に報告しないのだろう。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy