雑学・教養

【エレベーターあるある】マナーだと思って「閉」ボタンを押しながら降りるのは正解か?

SNSでの感想
目次
  • マナーに型はあるものの、いちばん意識するべきは安全面
  • “「閉」ボタンを押しながら降りる”は、する必要がない
  • エレベーターは奥に詰めるべき? 待つときの立ち位置は、右? 左?
  • 社長が乗っているから見送る……は、する必要なし!
  • 相手への気遣いを形にするのが、マナーのあるべき姿

 先日、fumufumu news編集部にて「あなたが気になるエレベーターのマナーは?」というアンケートを行ったところ、以下のような質問が読者から寄せられた。

「閉ボタンを押しながら降りる人がいるけど、あれは必ずするべき?」
「エレベーター前で来るのを待っているときに並ぶ場所は、右? 左?」
「社長と一緒のエレベーターに乗ったら、他部署のおじさんに嫌味を言われた。乗り込むのはマナー違反だったのか?」
「エレベーターに乗るとき、最初に乗った人から奥に詰めるべき?」

 “開ボタンを押しておく”くらいであれば、筆者も何となく心がけていることだが、寄せられた質問は“そういえばどうするべきなんだろう?”と気になることばかり。

 そこで本稿では、『ビジネスマナーの解剖図鑑』(エクスナレッジ)を始め、これまでに計9冊ものマナー本を出版し、新卒研修やビジネスマナー講習について14年以上ものキャリアを持つ北條久美子さんに取材を実施。エレベーターをはじめとするマナーの大原則を基に、寄せられた質問に対し、北條さんなりの視点で回答していただいた。

マナーに型はあるものの、いちばん意識するべきは安全面

──まず初めにお聞きしたいのですが、エレベーターマナーの基本的な心得はありますか?

一番は、“安全に乗り降りする”を念頭に行動することです。お客様を先に通したいという思いから、扉を手で押さえながら中に案内することもあるようですが、何よりも “開くボタンを押して扉を開けておく”ほうが、乗客全員が安全に乗り降りできます。

 エレベーターが“乗り物”である以上、安全を心がけることが大事になるので、例えばビジネスの場面でお客様と一緒にエレベーターに乗るときは、“先に失礼します”と言って中に入り開くボタンを押し、出るときも開くボタンを押して最後に出るようにするべきでしょう」

──マナーよりまずは安全を考えるべきであると。

「そのとおりです。マナーと聞くと、必ず守らなければならない作法があって、それを破ってはいけないように感じるかもしれませんが、基本はその状況に応じて臨機応変に対応するべきです

 例えばお客様とタクシーに乗る場面だったら、お客様に先に乗ってもらうのが正しいような気がするかもしれません。ですが、その人がタイトスカートを履いていたり、足腰がよくない方であれば、車の奥まで詰めるのは大変ですし、手前に座っていた方がありがたい場合がある。そういう場合は声をかけ、お客様が安全に乗り降りできるような気遣いをする方が相手のためになります。必ずしも“絶対にこうするべき”というわけではないんです」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 1
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 1